厚生労働省の肝炎対策助成金事業『知って、肝炎プロジェクト』が8月1日、都内で『知って、肝炎プロジェクトミーティング2019』を開催。スペシャルサポーターを務める島谷ひとみらに感謝状が贈呈された。

 感謝状を贈呈されたスペシャルサポーターのひとり、島谷ひとみは「身の回りの友達などいろいろな方に呼びかけをおこなってきましたが、実は去年、家族が大病を患う経験をしました。病気の家族を抱える子供たちの気持ちを身をもって体験して、それを支える家族の思いは大変だった。『自分は大丈夫、自分はいい』ではなくて、家族や周りの人のためにぜひ検査に行っていただきたい」と呼びかけ。

 さらに「来年の今頃は東京オリンピックで日本が世界から注目浴びるときに日本に住んでいる私たちが何かお手本になれるように。そうしたことを伝えられる日本でありたい」と願いを述べた。

島谷ひとみ

 この日、感謝状授与されたのは伍代夏子、EXILE、w-inds.、AKB48、瀬川瑛子ら。

 同プロジェクトは、肝炎に関する知識や肝炎ウイルス検査の必要性を分かりやすく伝えるとともに、国民が肝炎の正しい知識を持ち、早期治療・早期治療に向けて自ら積極的に行動することを働きかける活動。肝炎ウイルス検査の普及啓発に向けた広報活動を、厚生労働省・肝炎総合対策推進国民運動の特別参与を務める杉良太郎をはじめとした大使やスペシャルサポーターがおこなっている。

 今回の感謝状はそうした活動への感謝を表するもの。根本匠厚労相は冒頭のあいさつで「普及啓発に尽力された大使、スペシャルサポーターに感謝を表したい」と謝辞。受賞者を代表して、大口厚労副大臣から感謝状を授与した肝炎対策特別大使の伍代夏子は「大変励みになります」と述べていた。

記事タグ