シンガーソングライターのSIRUPが17日、東京・恵比寿LIQUIDROOM“でSIRUP 「FEEL GOOD」TOUR 2019”東京公演をおこなった。アルバム『FEEL GOOD』の収録楽曲はほぼ披露され、ゲストにはTENDRE、YOSA & TAARも登場。アルバムタイトルでもある“FEEL GOOD”というフレーズがあまりにもピタリとはまるグルーヴィーなライブ、SIRUPの抜群の歌唱力、珠玉の楽曲生演奏と、見どころ感じどころ満載のライブは終始LIQUIDROOMを多幸感で包み込んだ。【取材=平吉賢治/撮影=Leo Youlagi】

目一杯の多幸感に包まれるLIQUIDROOM

SIRUP(撮影=Leo Youlagi)

 “SIRUP”のロゴのネオンが鮮やかなスカイブルーで点灯し、ライブ・スタート。LIQUIDROOMを埋め尽くしたオーディエンスは初曲「PRAYER」のグルーヴィーなサウンドに揺さぶられる。SIRUPの清涼感溢れる歌唱はセクシーかつソウルフル。広い音域を伸びやかに、ラップ、トースティングをリズミックに、聴き手を包み込む魅力満載だ。

 SIRUPはゆったりとダンスをしながら笑顔でライブを走らせる。リズム・アンサンブルと綿密に作り込まれた楽曲を演奏するバンドは6人編成。ギター、ベース、ドラム、シンセサイザー、サックスにフルート、マニュピレーターと、様々な楽器・機材を華麗に操るバンドメンバーの演奏クオリティは極めて高かった。60年代からのソウルミュージックにR&B、ネオソウルにエレクトロミュージックと、あらゆるテイストのサウンドを網羅した SIRUPサウンドが放つバイブスは、LIQUIDROOMを目一杯の多幸感で包んでいた――。

 SIRUPの「プールに飛び込もう!」という契機で披露された「Pool」ではステージに前のめりになってラップを刻み、オーディエンスはコーラスで右手を一斉に挙げて熱気を放った。アンサンブルの刹那の間で映えるベースのスラッピングからのサックスソロと、バンドのコンビネーションは抜群。仕上がりまくっているバンドアンサンブルのなか、SIRUPは踊るような声域・声量でボーカルフェイクを心地良く響かせた。

音と時の流れを自在に操るライブ

SIRUP(撮影=Leo Youlagi)

 SIRUPは「みんな一緒にグルーヴして、最後まで盛り上がっていきましょう!」とMCを挟み、ここで、KYOtaroからSIRUPへと名義を改めて一発目の配信シングル「Synapse」を披露した。レガート・スタッカート、ファルセットと、リズムとメロディを自在に操るような歌唱力を存分に魅せる。コーラスでは客席にマイクを向けてのシンガロングに会場は一体となった。イントロで歓声が沸いた「CRAZY」ではスローリーに瞬くようなビートが正に“FEEL GOOD”。SIRUPが「みんな、『FEEL GOOD』聴いてる?」と問いかけると、ほぼ全員が挙手で応えた。

 「ちょっと疲れた! 休憩しましょう」とSIRUPはMCでリラックスするが、本当に休憩するわけではなく、これは「チルアウトしよう」という意味なのであろう。ライブは極上のチル・サウンド「LOOP」へと進み、まったりとしたひとときが音となり、LIQUIDROOMを優しく覆った。グルーヴ感溢れるナンバーを連ねた後のナイスなタイミングのチルは深く優しく体に染み渡るようだった――。

ゲスト・TENDRE登場で更に増すバイブス

SIRUP(撮影=Leo Youlagi)

 そして、SIRUPが意味ありげに「この曲、めっちゃ好きなんですよね!」と言って始まった「Play」ではゲストのTENDREが登場。SIRUPとTENDREはフレンドリーに肩を抱き合い互いにラップを披露し、二人の心地良い掛け合いでオーディエンスのチル明けの熱気は更にブーストされた。

 ライブも終盤、ハッピーに揺れっぱなしのグルーヴィ・ライブにオーディエンスはもれなくご満悦な様子。「みんな音楽好きか? もっと一つになろう!」と全開の笑顔でSIRUPがオーディエンスに告げると、会場中の気が一点に集まるような空気が確かにそこにあった。そして、ドライブ感みなぎる「Do Well」が本編最終曲となった。はちきれんばかりのクラップ、SIRUPとオーディエンスのジャンプがLIQUIDROOMを揺らす――。この日のライブは、“FEEL GOOD”なSIRUPのグルーヴは終始うねりにうねっていた。

「みんながヤバ過ぎてヤバい」

SIRUP(撮影=Leo Youlagi)

 オーディエンスはステージに向き、SIRUPらがアンコールで姿を表すことを待っていたのだが、SIRUPは会場下手のDJブースに姿を表した。YOSA & TAARと共にDJセットスタイルでパフォーマンスされた「Fever」では文字通りフィーバー状態になるLIQUIDROOM。これにはSIRUPも「みんながヤバ過ぎてヤバい(笑)」とハイテンション。そしてステージに戻り、「いまを楽しんでください!」とオーディエンスに伝え、この日、この瞬間、このときこの場所でしか味わえないライブ感を言葉でも表し、最終曲「LMN」をもってライブは幕を閉じた。

 アルバムタイトルでもある“FEEL GOOD”、この一言に尽きる SIRUPのライブは、歌唱力、バンドの演奏力、極上のグルーヴを体感させてくれた。SIRUPというミュージシャンは、ソウル、R&B、ダンスミュージック界を牽引する存在であるということを感じずにはいられない、そんな感覚とライブ体験を心身に染み込ませてくれるような一夜だった。

セットリスト

『SIRUP 「FEEL GOOD」TOUR 2019』
2019年7月17日@東京・恵比寿LIQUIDROOM

01. Intro
02. PRAYER
03. Why
04. バンドエイド
05. Pool
06. Last Lover
07. Synapse
08. Rain
09. CRAZY
10. Maybe
11. LOOP
12. Cruisin'
13. Play w/TENDRE
14. Evergreen
15. 一瞬
16. No Stress
17. SWIM
18. Do Well

ENCORE

EN1. Fever w/YOSA & TAAR
EN2. LMN
https://asab.lnk.to/sirup-feelgoodtour2019_setlist

記事タグ