木乃伊みさと、滝口ひかり、滝口きららによる完全セルフプロデュースユニット・ゑんら(読み:えんら)が7月24日、東京・渋谷gladで『10000枚チャレンジ枚数発表会』をおこなった。4月にリリースされた全国流通シングル「妖怪ディスコ」が7月24日までに1万枚販売達成すれば、<全国ツアー開催>できなければ<解散>という『1万枚チャレンジ』に挑戦し、結果発表をおこなうというもの。結果は目標の1万枚を達成し、約束していた全国ツアーの開催を発表した。そのライブの模様を以下にレポートする。【取材=村上順一】

合計17199枚でチャレンジ成功!

滝口ひかり(撮影= 菊島明梨)

 リリース前からイベントをおこなってきた、この4カ月の結果がわかる運命の日。いよいよ開演時刻になり、くノ一をイメージした新衣装に身を包んだ3人が勢いよくステージに登場。オープニングナンバーはこの夏にピッタリの「ONORE」。サビではお祭り騒ぎのごとく、タオルを振り回し盛り上がり、フロアからも盛大な掛け声がステージに届けられた。粋の良いパフォーマンスでクライマックスかのような盛り上がりを見せた。

 「のっぺらぼう」で更にテンションを上げていく。3人の熱に比例するかのようにオーディエンスもヒートアップしていく。フロアの盛り上がりを見て、メンバーも笑みを浮かべる。ステージとフロアの相乗効果によるエナジーみなぎるパフォーマンスは爽快。

 「今日はドキドキな日だと思うんですけど、楽しんでいってください」と告げ、「迷い地縛霊」へ。アコーディオンのサウンドが異国の雰囲気を感じさせ、妖艶でセクシーな3人を堪能させてくれる1曲で、ひかりの力強い歌声も会場に響き渡った。続いて、オーディエンスからコールが鳴り響いた「心中ミッドナイト遊園」は、アクティブなダンスで視覚的にも派手な一曲。今のグループの勢いが、そのまま表れているかのようなパフォーマンスだった。

ゑんら(撮影= 菊島明梨)

 眩い光に包まれるステージ、みさとのタイトルコールで始まった「だいだらぼっち」では、オーディエンスも隣の人とと肩を組み、リズムに合わせ横に揺れ、会場がより一つになった瞬間。ラストの会場全体でのジャンプもバッチリ決まり、きららが初めて作詞した楽曲「つぼみ」へと流れた。<叫べ><笑え><泣いて>と人間の感情を歌にのせ届け、決めポーズで締める3人の表情は清々しさに溢れていた。

 ここで、10000枚チャレンジの結果発表へ。スクリーンにトータル17199枚を売り上げたことが表示され、会場からは歓喜の声が上がった。3人は目標達成に目に涙を浮かべながら「すごいことだね…」と言葉にならない様子。そして、成功した時の公約であった全国5カ所6公演のツアーの詳細も発表。ファイナルは12月10日に東京・新宿BLAZEでおこなう。

意志を持ってゑんらでやっていきたい

木乃伊みさと(撮影= 菊島明梨)

 みさとは「成功しなかったらこれが解散ツアーになるところだった」と明かし、ここで、一人ずつチャレンジ成功への想いを語った。

きらら「発表した時は賛否両論があって、SNSをエゴサしてみんなのコメントをみたら(チャレンジを)やらない方がが良かったんじゃないかと思ったこともありました。でも、リリイベのときに『全国ツアー成功させようね』と言ってくれて、4カ月が経って成功して嬉しいです。ファンの方には負担をかけてしまって申し訳ない気持ちでいっぱいなんですけど、これで私たちお全国を回ることができるので、絶対成功させたいです」と次のステージに向け、邁進する姿勢をみせた。

ひかり「リリイベは毎回、全部楽しかったんです。辛かったのはある人に騙されてしまったことです。その人達に主導権を握られているんじゃないかと、みさととも言い合いになったこともあって…。自分たちの思い通りにやりたいからこのグループを始めたのに、全然楽しくないって思ってしまっていた時がありました。でも、ファンのみんながいるから頑張れるんです。色々あったけど終わりよければ全てよしと今は思うようにしています。私たちがやりたいと思う道を、意志を持ってゑんらでやっていきたいと思いました」とセルフプロデュースへの決意を語った。

みさと「このチャレンジをすることによって、良い意味でも悪い意味でも変わりました。誰を信じたらいいのかわからない時もありました。ファンの人たちも私達が間違えたら離れて行ってしまうかも知れないと思う瞬間もあって…。でもこうやって成功してここにいるということは、同じ気持ちで成功に導いてくれたんだなと想います。みんなに出会えて良かったと思うし、この3人で良かったなと思っています。このゑんらじゃないと私は挫けていたと思うし、心から支えてくれる人たちも沢山いて、その気持ちを離さずにずっと私達が掴んでいられるように、これからも付いてきてください」と、途中涙で言葉がつまりながらも、今の想いを告げた。

燃え尽きたって感じ

滝口きらら(撮影= 菊島明梨)

 少し、しんみりとしてしまったが気持ちを切り替え、会場全体でチャレンジの成功を祝して「やった~!」と、チャレンジの成功を祝福し、その勝負曲に選んだ「妖怪ディスコ」を披露。リリイベでも何度も歌ってきたであろう同曲を、ここまでの様々な想いを込めこの4カ月の集大成のパフォーマンスを見せ、みさとは「最後まで盛り上がっていきましょう」と、最後は「リンネ転生」を投下。メンバーの目にはまだ涙が残る中、盛り上がり必至のナンバーにオーディエンスのボルテージも最高潮を迎えた。落ちサビでのみさとによるエモーショナルな歌声も印象的だった。

 みさとは「燃え尽きたって感じ」と笑顔。さらに「夏も始まったから、もっともっと一緒にいようね」と言葉を残し、ステージをあとにした。

 メンバーの名前をコールしアンコールを求めるオーディエンスの姿。スクリーンにリリイベをおこない、意識の変化などを綴ったインタビューが投影。それぞれの想いを語ったインタビューを会場全員が真剣に耳を傾けた。再びステージに登場した3人に花束が贈呈。そして、このチャレンジの成功への願掛けとしてそれぞれが禁止していたという、お酒(みさと)やお菓子(きらら)、ファストフード(ひかり)の無料クーポンもプレゼントされ、大喜びの3人。

 そして、コラボ企画やTOKYO MXで『アイドルヒルズREMIX』でレギュラーコーナーの開始、ゑんら主催対バン企画『百鬼夜行祭』の開催を発表された。

ゑんら(撮影= 菊島明梨)

 アンコールに応え「アンバランス」を披露。<地獄でも構わない>、まだまだ困難が待ち受けていようとも、負けはしない、これからの活動への覚悟がこの言葉から感じさせてくれたパフォーマンスに大きな拍手が鳴り止まなかった。

 リリイベやライブを通して成長し、全力でぶつかっていく3人の姿があった。そのアティテュードは歌声にも大きくあらわれていた。無理だと思われたチャレンジを見事成功に収め、目標のZeppのステージへの新たな一歩をいま踏み出した。彼女たちの本気を見た夜だった。

セットリスト

01.ONORE
02.のっぺらぼう
03.迷い地縛霊
04.心中ミッドナイト遊園
05.だいだらぼっち
06.つぼみ
07.妖怪ディスコ
08.リンネ転生

ENCORE

EN1.アンバランス

≪全国ワンマンツアー「ゑんら道中」開催決定!!≫

8/30(金) 開場18:30/開演19:00 @東京・渋谷TSUTAYA O‐nest
10/13(日) 開場18:00/開演18:30 @名古屋・大須RAD HALL
10/14(月祝) 開場17:30/開演18:00 @大阪・梅田amHALL
10/27(日) 開場17:30/開演18:00 @福岡・Early Believers
11/24(日) 開場17:00/開演17:30 @宮城・Space Zero
12/10(火) 開場18:00/開演19:00 @東京・新宿BLAZE

≪チケット詳細≫
一般発売開始:Yahoo!チケット(https://ticket.yahoo.co.jp/tour/00004359/)
■スペシャルチケット
前売り8,000円(優先入場+各会場限定カラ―Tシャツ付き)
※当日販売予定はございません。
■一般チケット
前売り\3,000円/当日\3,500円

記事タグ