窪田正孝、山本舞香、松田翔太が30日、都内でおこなわれた、映画『東京喰種 トーキョーグール【S】』大ヒット御礼舞台挨拶に登壇した。この日はりんごちゃんもゲスト出演し、十八番の「贈る言葉」などをものまねで熱唱。その姿に山本は終始にこやかな表情を見せていた。この日は、川崎監督、平牧監督も登壇した。

 東京を舞台に人の姿をしながら人を捕食するグールをテーマとした、石田スイ氏原作人気漫画の実写映画の続編。本作では、グールになったカネキ(窪田正孝)と宿敵・月山習(松田翔太)との戦いを描く。山本はヒロインのトーカを演じた。

平牧監督、川崎監督、松田翔太、窪田正孝、山本舞香、りんごちゃん

 公開から数日が経ち、反響もSNSで多く寄せられている。窪田の耳にも届いているようで「生々しすぎて引いたというのもあって。もちろん純粋に楽しかったという声もあったけど、グロかったという意見があったのは正直、ありがたくて。攻めた映画だったので」と満足気。

 月山を怪演した松田は「怪演と言われるけど、純粋に金木君をただただ好きになったということなので、愛情表現がうまくいったのかなと。月山は漫画原作でも飛ばしているので、恥ずかしくならないようにちゃんとリアルに演じてみたかった」と振り返った。

山本舞香

山本舞香

 窪田と松田に負けず劣らずの演技力を見せた山本は「監督と話しつつ、徐々にトーカになれた気がしました。自信はなかったけど、前作を超えたいという気持ちは強かったので、みなさんに助けられながらできた」と回顧。

 劇中では華麗なアクションも光ったが「窪田さんのやられがうまいので。すごく痛そうにしてくれるので、気持ちいいなと」と窪田のやられっぷりにも助けられたことを笑みをこぼしながら振り返った。

窪田正孝、山本舞香

 この日は、同作のファンというりんごちゃんが応援に駆け付けた。「最高でしたよ。グールは人を食っちまう…ごめんなさい、言葉が悪くて。ハートフルな友情も描いていて…」と語るりんごちゃん。山本、先日富山でおこなわれたTGCでの共演を振り返り、「りんごちゃん、汗だくだった、すごい」と暴露。これにりんごちゃんは「汗じゃなくて果汁なんです」と切り返して笑いを誘っていた。

 そのりんごちゃんは出演者のねぎらいにと、女王蜂が歌う主題歌「Introduction」を披露することに。しかし流れてきたメロディはHOUND DOGの「ffフォルティシモ」。そのまま深々と腰を落として低い体勢で大友康平のものまで熱唱。そのクオリティの高さに窪田、松田、山本ほか監督が感心とともに大爆笑。

りんごちゃんの歌声を確認する山本舞香

 山本にいたっては、歌っているりんごちゃんの隣に近づき耳を傾ける仕草。その理由を「本当に声が出ているのかなと思って近くにったら本当に出ていたからすごいなって」と口パクを確かめるためだったと明かし、笑顔を見せた。

 果汁を流すりんごちゃんは気を取り直して再び歌うことに。今後こそと臨んだものの、流れてきたメロディは海援隊の「贈る言葉」。そのまま武田鉄矢のものまねで熱唱。そのクオリティの高さにのぞき込むように見入る窪田、「素晴らしかった」と感心する松田。一方の山本は終始にこやかな表情。心から楽しんでいる様子だった。

りんごちゃん

 マスコミのフォトセッション時もりんごちゃんに顔を寄せるなどして、慕っている様子をうかがわせた山本は降壇時、観客の声援に手を振って笑顔で応えていた。

記事タグ