歌手・俳優の岸洋佑が2日、新宿BLAZEにて『YOSUKE KiSHi 26 y.o. BiRTHDAY LiVE カッコつけないtonight!!!』公演をおこなった。岸洋佑の26歳のバースデイを迎えたこの日は、お祝いムードと熱気溢れるライブと、弾けるようなステージで大きな賑わいを見せた。様々なパフォーマンスを魅せた色とりどりの演出、そしてライブ終盤では重大発表もあり、節目となる日と、これから先の岸洋佑の未来への道を示すポイントとなる一夜となった。【取材=平吉賢治】

フレンドリーなライブ「全員友達になって帰ってくださいね!」

(撮影=藤森勇気)

 ニコニコな表情で姿を表した岸洋佑は「盛り上がって行こうぜ!」と気合いを振り撒き「スナイパー」からライブを走らせる。自分の記念日でもあるが、「みんなを楽しませたい」という気持ちが全身から伝わってくるようなパフォーマンスにオーディエンスは一斉に拳を上げてのホットな反応を見せる。開始直後から温かい熱気に溢れていた。

 「一緒に歌いましょう!」という朗らかな煽りに会場全体からコーラスが鳴り響く。岸洋佑は実に楽しそうにアコースティックギターをかき鳴らしながら「小さい月の下で」を熱唱。「Friends!!!」では曲のタイトル通り、「全員友達になって帰ってくださいね!」と伝え、フレンドリーな空気を醸し出していた。

 “カッコつけないtonight!!!”というライブタイトルのこの日の岸洋佑の衣装は、フォーマルとポップが混じり合ったようなカッコ可愛いスタイル。「もうちょっと笑いが起きると思った」とのことだが、真面目にふざけつつもビシっと決まった恰好である。軽快にトークを続けつつ、「サラリーマン時代に作った」という「Door」に込められた想いをMCで語り、応援の気持ちが詰まった歌を温かく届けた。

自分にも、お客さんにも“Happy Birthday”

 中盤ではアコースティック編成で「海辺のコンパス」、そしてメジャーデビュー前に作られたという「笑って」を披露。岸洋佑はギターを置いて歌に集中。オーディエンスの心をたぐるように、切ない旋律を丁寧に歌い上げ、うっとりと会場のムードを高めた。

 岸洋佑のバースデイの日だが、オーディエンスに「今日、誕生日の人?」と聞くと3名が手を挙げた。自身に向けても、記念日となるオーディエンスの人達のためにも想いを込めて「Happy Birthday」を歌うと、コーラス部分ではお祝いの気持ちがコーラスとなって会場中を輝かせた。

 そして、アコースティック編成から岸洋佑単独の弾き語りスタイルへ。「クレセチア」ではギター1本に歌というセクションだったが、途中ギター演奏を止めるアカペラ歌唱も魅せ、シンガーとしての丸裸の姿も男らしく示した。

真面目にふざけたハイクオリティ・牛丼ソング

(撮影=藤森勇気)

 バンド形態だけではなくアコースティック編成、弾き語りと、様々な魅せかたをしてくれるステージだが、ここでは映像を絡めてのカラオケ演出という斬新なスタイルを披露した。

 「牛丼の歌」にふさわしいドラマ仕立ての映像がスクリーンに映し出され、「牛丼吉野家」でのシーンになると岸洋佑は吉野家の店員のユニフォームでカラオケスタイルで歌唱し、オーディエンスの笑いを誘った。ライブ後、何人のオーディエンスが牛丼屋へ寄ったことだろうか――。

 キレキレのバンド・インストゥルメンタル演奏を経て、ロックナンバーの「シズク」、シャッフルビートが体をハッピーに揺らす「Everybody!!!」と、新宿BLAZEの熱気を最高潮まで上昇させる。ラストナンバー「女神サマー」ではタオルの舞いが夏を呼び寄せるかのような清涼感を醸していた。

想像を遥かに超えるための重大発表

(撮影=藤森勇気)

 さて、アンコールの場面では岸洋佑からの重大発表が2つ。7月31に「ごめんね」が配信リリースされること、そして9月25日にはミニアルバム『THE ONEMANS』のリリースを発表した。更に全国フリーライブツアーを敢行することを発表し、オーディエンスを大いに湧かせた。

 アンコールでは9月リリースのミニアルバム『THE ONEMEN’S』からの先行シングル「ごめんね」をゲスト・マシコタツロウの鍵盤演奏と共に披露。そう、「ごめんね」は作曲・マシコタツロウ、作詞・つんく♂という豪華面子の作品なのである。

 最後にはサプライズのバースデイケーキ、そしてビデオメッセージがスクリーンに映し出された。お祝いのメッセージを送るのは武田航平、濱正悟、松田るか、岐州匠、大久保桜子らの仲間達。これには岸洋佑も驚きと喜びが溢れる表情を見せた。

 「想像を遥か超えるように頑張ります!」と、オーディエンスへ伝え、最終曲「僕への挑戦状」を熱唱し、『YOSUKE KiSHi 26 y.o. BiRTHDAY LiVE カッコつけないtonight!!!』はお祝いムードとライブの熱気により、オーディエンスも岸洋佑も最高の笑顔のなかで幕を閉じた。

 26歳になった岸洋佑が見せた勇往邁進な表情は、これからの活躍に更なる期待を膨らませてくれる――。

セットリスト

『YOSUKE KiSHi 26 y.o. BiRTHDAY LiVE カッコつけないtonight!!!』
2019年7月2日@新宿BLAZE

01. スナイパー
02. 小さい月の下で
03. Friends!!!
04. Door
05. 海辺のコンパス
06. 笑って
07. Happy Birthday
08. クレセチア
09. 夏、キミ。
10. 牛丼の歌
11. Band Inst
12. シズク
13. Everybody!!!
14. 夏のシンパシー
15. 女神サマー

ENCORE

EN1. ごめんね
EN2. 僕への挑戦状

記事タグ