デビューシングルに込められた想い

――「終わりなきラプソディ」にはどんな想いが込められていますか?

雫月LEE 2人ずつ歌う所が多くて、全員での歌唱部分が少ない曲なんです。俺的には一緒に歌う人の声を聴きながら一つになれるようにという点を意識して歌っています。

有光陽稀 デビューシングルなので、気持ちを大事にしています。ael-アエル-が何を伝えたいか、何を思っていて歌っていて、どういうグループなのかということをこの曲を聴いた人がわかるように気持ちを込めて歌っています。

日和乃愛 「終わりなきラプソディ」はライブでの熱量というか、動いていると息も上がって、声の張り方もレコーディングのときとは全然違うと思うので、そこに気持ちが乗って、観ている側も興奮するというか高まっていくのを感じてもらえたらなと思って歌っています。

――レコーディングはどういった感触でしたか?

祈夜星波 今回は未来がボーカルディレクションしてくれたんですけど、いままではスタッフさん中心にやる機会が多かったので「こうやりたいな」と思っていても遠慮しちゃっているところがあったんです。「やってみたいけど、上手くいかないかもしれないからヤメとこう…」みたいな。でも、今回未来がディレクションしてくれることによって、自分はどういうことができて、何ができないかということに対して、スタッフさんがアドバイスして頂く事とはまた違った的確なアドバイスをくれるんです。だからより安心してレコーディングできたし、「そういう表現の仕方があるんだ」という新しい気付きもありました。色んな意見が出たからこそ、自分も満足して録れたし何より楽しくレコーディングできたので素晴らしい曲になっています。

――奏(未来)さんのディレクションは、どういったものでしたか?

綾目夏向 僕自身は歌をまだまだ勉強中なんですけど、それでも未来さんは自由にやらせてくださるんです。僕みたいなタイプにはわかりやすく具体的なことを教えてくれるんです。小技とか「ここをこうしてみて」とか。それがスタッフさんに言われると萎縮したり固くなっちゃったりするんですけど、未来さんに言われると「ありがたい!」って思って(笑)。

祈夜星波 受け取り方がちょっと違うんだよね。スタッフさんに言われると自分たち以外でも色々な凄いアーティストさん方と仕事をしてきているので、自分達の実力を見抜かれてる感じがあって「ヤバい! ヤバい!」ってなっちゃうというか。

――奏(未来)さんに言われると?

綾目夏向 「ありがたきお言葉!」と(笑)。未来さん自身もボーカリストなので、親切にアドバイスしてくれるので。未来さんは優しいんです。

花園千知 わかりやすくピンポイントで「ここはこうしたほうがいいよ」って言ってくださいます。

奏未来 自分自身もボーカリストだからこそ、歌ってみてというお手本ができるというのもあるから、みんなからしたらわかりやすいと思ってくれるのかもしれないです。言葉だけだと伝わりにくいのを、実際に歌ってお手本を見せるとみんな飲み込みが早くて。

――お手本があるとわかりやすいですよね。メンバー内ではなく、お手本としているアーティストなどはいますか?

奏未来 (有光)陽稀は、カップリングの「月のホログラフ」の2サビ後のところはシドさんだよね。

有光陽稀 もともとバンドが好きなんです。ビジュアル系だったり、ONE OK ROCKとかが好きで。今回はバンドサウンドになっていたので、「このバンドの歌い方が凄い好きだったから、ちょっと意識してみようかな」とか。色んなバンドを聴いていたからこそ、バンドサウンドと言っても色んなジャンルがあるから、それぞれの良い部分を意識して歌ったりするんです。

――バックボーンにはバンドの存在があるのですね。

有光陽稀 そうですね。バンドが好きだからこそ、という歌い方はあります。綺麗な曲線の歌割りがあって、そこはシドのマオ(Vo)さんをお手本にしています。シドが好きなんです。

Zeppツアーが目標、そしてワールドワイドな視野も

――「終わりなきラプソディ」の歌詞についてですが、“誓い”というフレーズが何度か出てきます。みなさんの“誓い”はありますか?

祈夜星波 自分は、「現場で嬉しい以外では泣かない」という誓いがあります。悔しいと思っても人前では出しません。やっぱり涙は嬉しいときだけでいいんですよ!

奏未来 イケメン(笑)!

――男らしいですよね。これからのael-アエル-の目標は何でしょうか?

奏未来 近々の目標としてはZeppツアーをしたいということです。ael-アエル-がこれからどうなっていくかという大きな目標としては、ワールドワイドな活動です。海外も視野に入れていきたいという気持ちがあります。「終わりなきラプソディ」の歌詞は、自分達の気持ちが一番表れているというか、決意表明だと思うんです。だから“誓い”という言葉がたくさん出てくるのも、もっと大きくなっていくし、みんなにも見ててもらいたいし、ずっと一緒にいたいという想いが込もっているので、たくさん聴いてほしいです。自分達の想いがもっと伝わったらいいと思っています。

ael-アエル-

ael-アエル-

(おわり)

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。