芝居の幅が広がった殺陣――、矢部昌暉

――矢部さんは舞台の出演が続いていますが、今回は異色と言えば異色。それを経験して得るものはあると思いますか?

矢部昌暉 顔合わせの段階で、ガーリィレコードさんから「無茶ぶりするね」と言われたので、絶対に無茶ぶりはくると思うので、臨機応変にさばいていく対応力は確実にこの舞台で(笑)身につくと思います。でも怖い部分でもあります(笑)。

――その対応力というのは難しいですよね。その役になりきっていないとできないですかね。

矢部昌暉 そうなんですよ、難しいんです。それと舞台上で絶対笑っちゃう気がして。そこも怖いなと(笑)。

若井おさむ 我々のボケに対して、竹虎丸がツッコむ場面も入れたので、その時点で無茶ぶりしているなという気もしているんですけど…(笑)。

矢部昌暉 そう、ツッコむんですよ(笑)。

――ツッコむといっても簡単ではないですよね?(笑)

若井おさむ それはもう、普通にやって頂ければ、全然大丈夫です!

矢部昌暉 責任重大ですよね(笑)。ツッコミが悪かったらボケを殺してしまうから。

若井おさむ いやいや大丈夫です!

矢部昌暉 頑張らなきゃ…(笑)。

――この『ハイブリッド』は今回で3回目になりますが、なにかアドバイスとかは?

矢部昌暉 まだ顔合わせで本読みした段階で、それをそれぞれが持ち帰っている状態。今後はそれぞれが思うことなどや疑問点を話し合って、もっと深いものにしたいと思いますね。やっぱりものまねされている方のキャラクターが強いのでそれに負けないようにというか。それと役者陣4人はもともとあるキャラクターじゃないから、そこの関係性もしっかりと作っていかないといけないと思います。

――前回、『暁のヨナ ~緋色の宿命編~』で共演された陳内将さんも出られていましたよね。何かアドバイスは?

矢部昌暉 今回の件については話していないんですけど、陳内君は僕の芝居の大師匠なんですよ。『ヨナ』の時にビシビシとやって頂いて、僕は勝手にそう思っているんですけどね。

――その『ヨナ』ですが、すごかったですね。

矢部昌暉 ありがとうございます。いろいろ大変でしたね。初めて殺陣やって。結構激しくて、筋肉痛との戦いで。

――あそこで見せた矢部さんの演技力がすごくて、それを経験した矢部さんが今回のこの異色作品でどう見せるかが楽しみで。

矢部昌暉 本当ですか!? そう言っていただけるのは嬉しいですね! 今回の作品は「楽しんだもの勝ちだな」という気がしているので。稽古期間は短いんですけど、今回の設定や役を早く取り込んで余裕な気持ちをもって楽しんで臨めたらいいなと思っています。

――矢部さんの普段はどちらかと言えば、おっとりしているじゃないですか? でも『ヨナ』の時の気迫といか、鬼気迫る演技は圧巻で。

矢部昌暉 実はめちゃくちゃ演出家さんにしごかれました。普段の感じとは全然違うキャラ設定でしたので大変でした。のどを潰してしまった事もあって…でもその経験もあってのどはすごく強くなって。その後も何回か舞台をやらせて頂いて、叫ぶシーンもあったんですけど全然つぶれなくて。

――それと殺陣の経験はどうでしたか?

矢部昌暉 殺陣をやることによって演じる幅が広がったと思うんですよ。しかも、一発目があれだけすごいものだったから、大変でしたけど嬉しかったですね。

――ちなみに今回も殺陣はあるんですか?

矢部昌暉 あります。『ヨナ』以来なので楽しみですね。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)

関連記事は下にスクロールすると見られます。