NHKが17日夜、公正取引委員会が独占禁止法違反のおそれがあるとしてジャニーズ事務所を注意したとの報道に関し、各方面で反響が広がっている。

 17日にNHKは、元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の民法テレビ出演に対し、ジャニーズ事務所が出演させないように圧力をかけた疑いがあると報道。公正取引委員会が注意をおこなったとし、ネット上で衝撃が広がった。

 同日、ジャニーズ事務所は「2019年7月17日報道に関するご報告」と題したプレスリリースを発信。「弊社が公正取引委員会より独占禁止法違反につながるおそれがあるとして注意を受けたとされる報道につきましてご報告申し上げます」と説明。

 そして、「弊社がテレビ局に圧力などをかけた事実はなく、公正取引委員会からも独占禁止法違反行為があったとして行政処分や警告を受けたものでもありません。とはいえ、このような当局からの調査を受けたことは重く受け止め、今後は誤解を受けないように留意したいと思います」としている。

 これを受け、ネット上では様々な関連ワードがトレンド入りするなど反響が寄せられた。

 ツイッターには「元SMAPの3人をテレビで使ってくださいよ」「慎吾ちゃん、草なぎ君、吾郎ちゃんを普通に今までどおりTVで見て、笑ったりほのぼのしたりしたい。それだけ」「吾郎ちゃんつよぽん慎吾ちゃんの3人が一日も早く色んな所で活躍出来る事を祈るだけだね」「本当に早く3人をテレビで見たい」などとファンの声が相次いで挙がり、反響は収まる気配がない。

 また、18日朝の民放テレビ情報番組ではフジテレビ系『とくダネ!』、テレビ朝日系『モーニングショー』などが取り上げたが、出演者らのコメントはほとんどない中で、日本テレビ系『スッキリ』で加藤浩次が見解を述べている。

 加藤は「ジャニーズ事務所に限らず、皆さん周知なんですよ。大手の事務所を独立したタレントは、何年かテレビに出られなくなるっていうのは、僕は、テレビ観てる方も気づいている方いると思う。僕らもこういう仕事をさせてもらってて、そういうのが暗黙にあるってことはわかってる」とした。

 さらに、「じゃあ何十年前から決まってきた芸能界の歴史、テレビの歴史の中で、当たり前のように扱ってるんだけど、今の時代で考えたら、ちょっともうおかしいんじゃないかっていう部分も実際ある。その部分っていうのは、テレビ局もそうですし、事務所関係、この業界全体がこれから新しく変わっていく、次に向かっていくんだっていう、これなんかきっかけになればいいなって僕は思ってます」と自らの考えを伝えた。

 この加藤の発言への反響も大きく、「素晴らしいと思う」「真心がちゃんとある司会者だ! 勇気ある発言有難うございます!」「加藤さんの男気に拍手と感謝を送ります」などと称賛の声が見られる。

記事タグ