ダンスボーカルグループSUPERNOVAのボーカル・ユナクとソンジェによるユニットDouble Aceが7月17日、ミニアルバム『2Type』をリリース。2人はこれまで“ユナク&ソンジェ from 超新星”として活動をしてきたが、今回新たなユニット名でリスタートする。新作タイトルのとおり、自身でも「2人の個性が混ざることで、ちょうどいい感じになる」と語る全くタイプの違う2人。このユニットでどんなことを表現していきたいのか、19日からスタートするツアー『Double Ace LIVE TOUR 2019「2Type」』の意気込みなどについて話を聞いた。【取材=桂泉晴名/撮影=木村陽仁】

Double Aceはボーカルで勝負するユニット

ユナク

――Double Aceという新たなユニット名での新作リリースですね。

ユナク これまでは“ユナク&ソンジェ from 超新星”でしたが、今回はDouble Aceというユニット名でリリースすることになりました。

――ちなみにDouble Aceというユニット名の意味は?

ユナク (SUPERNOVAの)メンバーの中でエースが2人という意味です! …というのは冗談ですけど(笑)。ソンジェと「ユニット名は何にしよう?」と話し合った時に、2人だからダブルでエースになりたいね、ということでDouble Aceに決めました。。

――2人の間ですんなり決まったのでしょうか?

ユナク すんなり決まりました。ソンジェも「Double Aceいいじゃん!」と。

ソンジェ そうなんです。

ユナク 僕はTwo Aceとかかな? と思っていたら、ソンジェが、「ダブルがいいじゃん!」と言った気がする。

ソンジェ まあ、なんでもダブルがいいじゃないですか。

――アイスもそうですね。

ソンジェ そうそう(笑)。

――ミニアルバムのタイトルは『2Type』となっていますが。

ユナク 僕とソンジェはまったく性格もカラーも違います。その2人が合わさると、こういう曲を歌えるんだよ、ということを伝えるアルバムにしたかったんです。

――お互いにどんなボーカル特性を持っていると思いますか?

ソンジェ ユナクはすごく甘い声で。発音もきれいだし、女性の方が聴いたら幸せになる声です。

ユナク ソンジェはハスキーであり甘くもある独特な声を持っていて。高音がきれいで、かつ すごく安定しているんです。ちゃんと息が入っていて、すごく心地いい環境を作ってくれています。

――ミニアルバムを出すにあたって、コンセプトはあったのでしょうか。

ユナク 自分たちの声を活かせる曲を探しました。ソンジェは高音が伸びるし、僕はファルセットが得意なので、お互いの良さを混ぜて、皆さんが聴いて「ああ、いいな」と思える曲を依頼しました。

――選曲のポイントは、2人の特徴を活かせるかどうかと。

ユナク もちろん一番は“いい曲”であるかどうかですけどね。誰が聴いてもいい曲を歌いたい。それプラス、僕たちしか魅せられない曲であったらといいな、と思って。今回の曲を聴いていただけたら感じていただけると思います。

ソンジェ グループ6人のうち弟4人が兵役に行っている時に、僕たち2人で活動したんですよ。「もっといい音楽を作っていきたいね」と話しながらグループを守っていました。これまで培ってきた時間を大事にしてやっていきたいですね。

――今回、恋愛の歌も多いですね。

ユナク やっぱり恋愛でしょう! 恋話でしょう!

ソンジェ Double Aceだから今回は特別に、ダブルデートとか、ダブル恋愛をやったらいいんじゃないかと思って入れた曲もあります。

ユナク みんなと恋愛したくて(笑)。SUPERNOVAの曲は「頑張ろう、夢をかなえよう」と人を励ます曲が多いんですけど、Double Aceはボーカルで勝負するユニットなので、どちらかというとバラード、ラブソングの方がいいかなと思って。2人とも昔からバラードが好きだったですし。

ソンジェ もともと僕はアイドルじゃなくて、バラード曲の歌手が夢だったんですよ(笑)。

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。