ダイアモンド☆ユカイが、ディズニー/ピクサー最新作『トイ・ストーリー4』(7月12日公開)日本版主題歌「君はともだち」を23年ぶりに再録。さらに、今作に登場する新キャラクター・フォーキーと持ち主のボニーに向けた新曲「君のため」(日本版)も歌唱した。1995年公開の『トイ・ストーリー』で同主題歌を歌ったユカイは当時、バンドが解散して自身が歌う歌を探していた時期だったといい「扉を開けた作品」だったという。以降、自身のライブでも歌い続けてきたユカイ。23年前と比べると子供も授かり環境も大きく変わったが、「この歌とともに成長させてもらった」とも語る。ユカイにとって同作品はどういう存在なのか。【取材=村上順一/撮影=木村陽仁】

最初はなんで俺??と不思議な気持ちだった

――『トイ・ストーリー』は23年も前になります。「君はともだち」を最初に聴いた時はどのようなことを思いましたか?

 最初はディズニー自体があまりピンときてなくて、まあ、そういう年頃だったんだよね(笑)。もちろんミッキーマウスとかは子供の頃は好きだったけどね。この話が来た当時はバンドが解散して自分が歌う歌は何かを探していた時期だった。そんなときに日本版主題歌の話をもらって、それで聴いてみたらそれがランディ・ニューマンの曲でね。ランディと言ったらミュージシャンズ・ミュージシャンという感じで、俺の好きなジョー・コッカー(英シンガー)の歌も作っていて、奇才であり天才なんだよね。彼はクラシックの家系なんだけど、その中でも変わってる人で、偏屈なところも歌い方も含めて好きだったんだよね。

――そうだったんですね。新録されて変わったことは?

 ランディ・ニューマンの歌詞を訳しているんだけど、日本語が持つニュアンスもあって、もう別の曲みたいになってるんだよね。最初はピンとこないまま歌っていて、当時は自分のライブでも日本語だけで歌うのが恥ずかしかったから、英語と日本語を混ぜて歌っていたくらい(笑)。でも『トイ・ストーリー』の作品を観させてもらったら感動したんだよね。ロックでギンギンで粋がっていた自分に(胸に)ジンとくるものがあって、心の中にあるものはきっとみんな一緒なんだってね。『トイ・ストーリー』がその扉を開いてくれた作品なんですよ。

 歌は、“Something”と自分では呼んでいるんだけど、目に見えないものでもあって、その感動を歌にしたいなとずっと思っていて「君はともだち」にはそれがあるんだよね。この曲は必ずといっていいほど、自分のライブでは歌っているんですけど、なぜかはわからないんだけど、この曲は歌い続けたいと感じていて。

――ユカイさんの中で曲が育ってきている?

 そうなんだよね。もう「君はともだち」は絶対日本語じゃなきゃ駄目で。時代が流れて『トイ・ストーリー2』が出て、おそらく『トイ・ストーリー3』が出てきたときには、当時この作品を見ていた人が大人になって、親になっている人もいるじゃない? だから大人もそうだし、今の子ども達も一緒に盛り上がれる曲なんだよね。歌えば歌うほど新しい感動というか、自分もグっときちゃうんですよ。その中で自分も男性不妊で子どもを授かったりして、この歌とともに成長させてもらった。今ではなくてはならない曲で、皆さんと共に成長した曲だと思う。それがまたこうやって『トイ・ストーリー4』で歌わせてもらえることに感謝ですね。

――今回、歌を録り直されていますが、どのような経緯がありましたか?

 これはディズニーサイドからの提案でね。ずっと歌い続けているうちに「もうユカイさんの歌になっているんじゃない?」と言ってもらえて。そんな風に言ってもらえるとは思っていなくてさ。勝手に歌い続けてきただけだからね。

――23年前とは歌も変化されましたよね。

 自分ではジャンルとかよくわからなくなってきてるんだよね。かなり歌ってきたので、歌い続けてきて変わった部分もあると思う。

――「君はともだち」を歌っていてのエピソードはありますか。

 よくこの曲をイベントとかで歌ってると、「これ、唐沢寿明さんが歌ってるんじゃないの?」と言われる事もあるの。その時は「俺が歌ってるんだよ」ってみんなに伝えておいてって話して、やっとちょっとずつ浸透してきて。なんか、誰が歌っているのかとクイズ番組にも使われたことがあるみたいでさ。でも、歌はみんなのものだと思うし、『トイ・ストーリー』の一員として歌わせてもらっている喜びはありますね。自分の歌なんだよと言いながらも、みんなの歌なんだなと。そういう歌に出会えた事に感謝しています。なかなか出会える事じゃないからね。

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。