山下健二郎と鈴木おさむ

 2018年8月にTBS赤坂ACTシアターにて上演し、約2万3000人を動員して大盛況で幕を閉じた舞台「八王子ゾンビーズ」が2019年7月7日に、映画「八王子ゾンビーズ」としてクランクインした。

山下健二郎

 舞台と同じく、原作・脚本・監督を鈴木おさむが務める。舞台から始まり映画化とメディアを越えて送る新感覚エンターテインメントを目指す。

【山下健二郎コメント】

「八王子ゾンビーズ」は、ただのゾンビ映画ではなく笑いあり感動あり、そして夢がある方の背中を押せる作品になればと思っています。今回、鈴木おさむ監督と舞台に引き続きタッグを組ませていただきますが、映像作品では初めてなので色んな引き出しを開けていただいて成長したいです。舞台から約一年が経ちましたが、同じキャスト陣はすでにチームワークが出来上がっているので顔合わせから楽しかったですし、新しいキャストの方も増えていますが、2019年も熱い夏にして主演としてしっかり引っ張って、皆さんから愛される作品になるように頑張ります!!

●映画「八王子ゾンビーズ」STORY●

ダンサーになる夢に破れ、自分を見つめなおすために、八王子の山奥にある「希望寺」にたどり着いた羽吹隆。
寺の住職・孔明に迎えられ、希望に満ちた新生活をスタートさせるが、寺の宝を守る用心棒・一刃や、孔明とただならぬ関係と噂の八王子市長・大池花代など、クセのある人物が次々と現れる。その夜、先輩僧侶の宝田から「夜9時以降、外を出歩かない」というルールを言い渡されていたにも関わらず、満月に誘われるように外へと出てしまった羽吹。そこで、ゾンビVS孔明による、壮絶な戦いを目の当たりにしてしまう。この寺は、夜な夜なゾンビがうごめく奇怪な場所だったのだ。「ここで見たものは他言するな」と孔明に言われたものの、翌日、再び墓場を訪れた羽吹の前に再び姿を現す8人のゾンビ・・・。だが、彼らは自らを「八王子ゾンビーズ」と名乗る、陽気なイケメンゾンビだった!元チーマーのリーダー・仁。兄弟の琉人と快斗。泣き虫の楓。バイク乗りの翼と瀧に、手業がすごい三太と四太。ある事件で命を落とし、ゾンビになってしまった彼ら。満月の下でダンスをすると成仏できるのだが、まともに踊れない上、いつも孔明たちに邪魔されていた。「俺たちにダンスを教えてくれ!」とゾンビ達にせがまれ、不思議な交流を始めることになった羽吹。
果たして【八王子ゾンビーズ】を、無事に成仏させることができるのだろうか・・・!?

■原作、脚本、監督:鈴木おさむ 
■音楽:☆Taku(m-flo) ■撮影:相馬 大輔 ■照明:佐藤 浩太 ■録音:岩丸 恒 ■装飾:森 公美
■美術:禪洲 幸久 ■ヘアメイク:内城 千栄子 ■衣装:松本 紗矢子 ■振付: NABE(LDH JAPAN)
■出演:山下健二郎/久保田悠来 藤田 玲 丘山 晴己 小澤 雄太 高野 洸 牧島 輝 三浦 海里 才川コージ/
早乙女 友貴 坂東 希/勝矢 RIKACO/松岡 充/ほか

記事タグ