人気ナンバーをアップデート

くりか

――今作は本当に多彩な曲を収録しています。「スペース・エスプレッソ」は、楽しいあゆくまが詰まっていると思います。<伝説の宴 目指して>という歌詞がありますが、まさしく、あゆくまのライブのことだなと思いました。

まき 振り付けは自分たちで考えたんですけど、あまり振り付けが多かったり難しかったりするのは自分たちらしくないから、振りコピしやすいものがいいなと思って。インパクト重視で、柳沢慎吾さんのマネみたいに、手を回すところがポイントです。サビではジャンプするところもあって、フェスで一体感が出るように考えました。

くりか この曲は歌詞が楽しいし、声のニュアンスが三者三様だから、自分たちでも聴いていて楽しいですね。くりかの場合は「普段のくりかさんを出してくれれば大丈夫です」と、ディレクターさんに言われて。だから、しゃべるような感じで歌いました。

あゆみ あゆみは逆に、「ぼくらのうた」よりもすごく考えてしまって。ディレクターさんからも、「あゆみが苦手なタイプの曲だよね」と言われて。言葉遊びの歌詞だから、「ここはこう歌ったほうがより跳ね感が出るんじゃないか」など、テクニック的なことを細かくいろいろ考えて、それで歌が重たくなってしまって。だから最終的には、軽さを意識するようにして歌いました。

まき 私の時は、「まきさん、こういうのは得意でしょ」と言われました(笑)。「ゴマスリッパー」や「反抗声明」「鮭鮭鮭」などもそうで、盛り上げ役という普段の自分の役回りがより出せる曲だと思ったので、深いことは考えずに、遊ぶように歌いました。だからレコーディングもあっという間に終わりました。

――「MILLION」も熱い曲です。くりかさんは、サビの歌詞が好きなんですよね?

くりか サビの頭の歌詞で、<あなたを大好きなことが 僕の今の全部>と歌っていて、そこがすごく好きで、曲を聴いた時に一発でやられました。恋愛ソングなんですけど、くりかが今一番大切だと思っているのがまたぎのみんなで、サビの頭のフレーズは、それが本当に今の自分のすべてだと思っているからこそ、素直に心を込めて歌うことができました。青春パンクという曲調も、メロディも歌詞も、全部がすごくすんなり自分の中に入ってきました。

あゆみ 基本的に恋愛ソングなので、聴いてくれた方は、その人の大切な相手を思って聴いてくれたらいいなと思って、あゆみは歌いました。でも歌詞は、少し恋愛に奥手な子というイメージなので、そこがまた、あゆくまっぽいなと思います。

――確かに、恋愛上級者という3人ではないですからね。

まき 不器用ですから(笑)。大サビからラスサビにかけての歌詞は、まさしく自分たちだなと思います。自慢出来るような武器も持っていませんし、言葉だって下手だから伝えられないんですけど、ただ大好きな気持ちだけは負けません。そういう内なる熱い思いは、恋愛に対してもライブに対しても持っています。その熱さが、聴いてくれる方の大切な相手にも届いたらいいなと思います。

――今作には、聖飢魔IIのカバーで配信リリースした「蝋人形の館」、会場限定でリリースした「アナログマガール'18」と、新たにアレンジした「クマトナデシコ'19」を収録しています。インディーズ時代の2曲の最新バージョンも収録していますが、この2曲をリリースした当時(2013年~2014年)は、まだ2人組の“くりかまき”でした。当時のMVを改めて観たら、すごく初々しかったです。

まき ツーステップが、まだちゃんと踏めていなかったですよね(笑)。でもその時のMV撮影には、あゆみが見学しに来てくれていたんです。

あゆみ 「クマトナデシコ」の時ですね。そう考えると、ちゃんと繋がっているなって思います。

――改めて録って、どうでしたか?

まき 2月17日にマイナビBLITZ赤坂で開催した『ボクらの熊魂2019~お前もまたぎにしてやろうか!!TOUR~』では、「クマトナデシコ」をメタルアレンジにしてお届けしたんですけど、今回の音源はそれとも違っていて、PABLOさんにさらにリアレンジしていただきました。

 あゆみくりかまきには、「KILLLA TUNE」というゴリゴリのロックナンバーがあるんですけど、それに匹敵するものが欲しいと思っていたんですね。それで今回の「クマト(ナデシコ)」を聴いたら、ゴリゴリのアレンジになっていてうれしかったです。もともとの「クマト」は可愛らしいアレンジだったんですけど、その要素もしっかり残しつつ、今のあゆみくりかまきらしいロック感のあるものに仕上がりました。ライブのセットリストに組み込むことで、幅がより広がるなと思いました。

くりか 「クマト」は、ファンの間でもすごく人気が高い曲なんですけど、3人で歌っているバージョンはライブでしか聴けなかったんですね。だからこそ、あゆの声が入った音源をみんなすごく待っていたと思います。それをやっとお届け出来るので、自分たちでもすごくうれしいです。

あゆみ 今のあゆくまのセットリストに、より合うアレンジになりました。この音源のアレンジでは、まだライブでやっていなかったので早く歌いたいです。

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。