細野晴臣が、妻夫木聡がメインキャラクターを務める「サッポロ生ビール黒ラベル」のテレビCM「大人エレベーター」シリーズ第33弾に出演する。

 魅力ある大人たちに出会える「大人エレベーター」を舞台に、メインキャラクターの妻夫木聡に加え、71歳大人代表の細野晴臣を迎えた。

妻夫木聡、細野晴臣

妻夫木聡、細野晴臣

 “71 階”ボタンが光り、扉が開くとそこは夏雲が広がる青空。雲の合い間に白く光る、謎の物体を見上げる妻夫木。ハッチをあけて中に入ると、そこは美術館のような不思議な空間が広がっている。

 ソファに腰掛け、妻夫木を出迎えるのは細野。音楽、人生、日々の生活について、肩肘を張らない、チャーミングな言葉で自由に語る細野。

妻夫木聡、細野晴臣

妻夫木聡、細野晴臣

 妻夫木に「わかりやすさは必要ですか?」と問われた細野は「わかりやすい中にわかりにく部分が紛れているからそれが新しく感じる。全くわからない音楽はつまらないから」と答えるなど、深く落ち着いた声で発した数々の名言がしみじみと心に響く。

妻夫木聡、細野晴臣

 自然体で物事を達観しながらも常に新しいことへの熱量を持ち続けている細野と妻夫木との会話の中で描かれる世界観が、20代・30代を中心とした若い世代への新たな気づきを生む。

 黒ラベルを交わしてこそ生まれる「大人の世界観」を哲学的に描き「大人の★生」にふさわしい「サッポロ生ビール黒ラベル」の魅力を表現している。

 新CMは7月5日から全国で放映される。

記事タグ