X JAPANのYOSHIKIが、英国のエリザベス女王に自身のスカーフがかかった画像を公開し、「急に風が吹いて」などと謝罪のコメント。ネット上ではそのハプニングのスケール感に「また、伝説を作った」などと驚きの声があがった。

 英国で開催されたポロ競技の試合に招待されていたYOSHIKI。試合後にエリザベス女王が移動する際、そばに立って見守っていたYOSHIKIのスカーフが女王の首にかかるハプニングが発生。これは国内外のメディアで広く伝えられていた。

 25日に自身のツイッターを更新したYOSHIKIは「I'm so sorry it happened, but a gust of wind blew up.」と英文で、急な風が吹いてしまったことを伝え、謝罪の言葉を寄せた。

 さらに、「I talked to the Queen afterwards and Her Majesty was very sweet. 」とも記し、のちにエリザベス女王と話し、陛下がとても優しかったことを伝えている。

 YOSHIKIは投稿に合わせて3枚の画像も掲載。直立して女王が移動する様子を見守るショットに続いて、黒いスカーフが女王にかかる画像では隣の女性が驚いた表情を見せている。そして、3枚目はあわてた様子のYOSHIKIの姿を確認できる。

 このショットへの反響は大きく、「YOSHIKI様はハプニングまでスケールが大きい」「女王陛下とご一緒されるだけでもニュースなのに、さらにハプニングまで起こしてしまうYOSHIKIさん」などと驚く声や、「エリザベス女王陛下、本当に素敵な方ですね」などのコメントも見られる。

記事タグ