おめかしツアーは続けていきたい

コレサワ

――ところで、今回のれ子ちゃんのアーティスト写真は逆立ちしていてパンツが見えていますけど。

 パンチラは初ですね(笑)。最初はこの服を着たまま棒立ち、というアー写だったんですけど、アー写にしてはちょっと寂しかったんです。私はそんなにしんみりした人じゃないので、もうちょっとお転婆な感じが出せたらいいなと思って、「逆立ちにして、パンツを見せたらどうですか?」ということになって、描いてもらったら可愛くなりました。

――結構、攻めていますね(笑)。

 世間への対抗? ロックですね(笑)。まあ、コミカルな人だと思ってほしいんです。やはり「たばこ」のイメージも強いので。

――今後のライブ活動も気になります。今年の春はストリングスと一緒にまわるツアー『コレサワ ワンマンツアー 2019 おめかしツアー vol.1』を開催されていましたよね。

 ヴァイオリンはずっと好きで、夢だったから、1つ夢をかなえたというか。すごく反響がいいから、第2弾、第3弾と続けていきたいなと思いました。

――なぜヴァイオリンが好きなのでしょう?

 よくテレビでクラシックをやってるじゃないですか。ああいうのを見るのが好きで。自分も吹奏楽部だったし。曲の中で表情が変わるような長い曲が好き、というのもあるんですけど、自分が弾けないからこそあこがれが強くて。セカンドアルバムの、「最後の有給」という曲で、初めてヴァイオリン、生のストリングスを入れたんですけど、そのレコーディングに行った時に、初めてカルテットの人たちを見て感動して。「この音の中で自分も歌ってみたいな!」と思ったのがきっかけでもありました。今回かなえることができてよかったです。

――ご自身では、ヴァイオリンの曲と自分の声の相性をどのように分析していますか。

メロディが優しい曲には、絶対ヴァイオリンは合うと思ってたし、ポップで激しめの曲のフレーズがヴァイオリンになったら、それはそれですごく格好良いだろうし。自分の中ではそんなにちぐはぐな感じはなかったです。周りの人やお客さんは、「どんな風になるんだろう?」とすごく心配だったと思うんですが、私は何も心配しなかった。「いいに決まっている」と思ってたので。

――ヴァイオリンとギターは共通するところありますよね。

 温かみがあるところは一緒だし。そんなに離れてるわけじゃないと思っていたので、できてうれしいです。今はヴァイオリンが欲しいですね(笑)。人生の目標として、いろいろな楽器ができるようになりたい、というのがあって。友だちがいらないフルートくれたので、フルートにも興味があります。ヴァイオリンとフルートができたらいいな。

――「おめかしツアー」と名付けられたタイトルもかわいらしいです。

 「おめかしツアー」にはドレスコードを指定したんです。いつものライブより気をキュッと引き締めて、おしゃれしてきてもらえるライブにしたかったので。みんな双子コーデしたり、新しい服を買ったりしてくれて。私も好きな人に会うときは新しい服で、と思うから、すごく気持ちが似てると思います。

――今後もいろいろな形のライブが見られそうですね。

 いつも聴いている曲が、違う感じで聴けるのは楽しいじゃないですか。いつかフルオーケストラでやるという目標があるので、おめかしツアーはいずれバンドメンバーもいれて大きくしていきたいと思ってます。あと、弦とはずっとやっていきたいですね。ビブラートが人の気持ちと似ていると思うし、強弱もすごく繊細につくから。私は今回のツアーでヴァイオリンが大好きになりました。だからやっぱり弾けたらいいなと思いますね。ヴァイオリンの音を聴く機会を、私のライブがきっかけでも増やしていただけたらいいなと思うので。この「おめかしツアー」は続けたいですね。

(おわり)

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。