majiko「寂しくない人は歌えない」新作に込めた孤独と挑戦
INTERVIEW

majiko「寂しくない人は歌えない」新作に込めた孤独と挑戦


記者:小池直也

撮影:

掲載:19年06月24日

読了時間:約19分

寂しくないと歌えない

majiko

――『寂しい人が一番偉いんだ』というタイトルはどこから着想されたんでしょう?

 この言葉が最初にテーマとしてあったんです。これをテーマに今までみたいに英単語ドン、みたいな名前にしようとしていて。でもどうしても浮かばなかったので、これをタイトルにしちゃいました。インパクトがあるし、私も一番伝えたかったことですから。

 この言葉が浮かんだときは制作に入るか、入らないかの間際。すごく落ち込んでいて、自分はすごく一人ぼっちだなと。そのときに「この世界はお金持ちでも、賢い人でも、優しい人でもなく、寂しい人が一番偉くあってほしい」と思ったんですよね。収録曲もどこか寂しい人たちが曲のなかにいるので、そういう曲が集められてよかったなと思ってます。

――では制作が終わった今、この言葉についてどう思います?

 いろいろな人がこのタイトルをほめてくれるんですよ。とみきはもちろんですし、この間ライブにお邪魔した平井堅さんも「タイトルいいね」と言ってくださって、すごい安心しました。初めての日本語ですし、自信がなかったんですよ。私が落ち込んでいるときに不意に出た言葉を、みんながいいって言ってくれることが私にとって救いだった気がします。

 平井さんが寂しいのかどうか分からないですけど、私は寂しくない人は歌えないし、曲も書けないと思ってます。人によってどう寂しいかは違うと思いますけど、どこかで孤独を感じているじゃないですかね。

 私は今も常日頃から感じてます。朝起きて寝るまでずっと寂しい。一人で寂しい、とかそういうことでもなくて、トータルで寂しいんですよね。常にどこかで愛に飢えてるというか。10代の頃からそうなのかもしれません。

――そういう気持ちが埋まる瞬間はありますか。

 それは、やっぱり音楽をやっている時ですね。曲が作れたりとか、みんなで一緒に制作しているときだったり、ライブしてるときが唯一救われる瞬間。それ以外は全部へなちょこですね。病みまくってるかもしれない(笑)。

――メジャーデビューしたときよりも、ポジティブな印象を持ちましたけど。

 そう見えるじゃないですか。でもそれは表面上ビジネスライクになっただけなのかもしれません(笑)。日によって性格が違いすぎて、自分でも追いつけないんですよね。今日は雨が降っているから少し憂鬱ですけど、曲の話をできるのは楽しいですね。健康のためにも曲を作らなきゃ。

――アルバムの限定盤AとBでそれぞれ、ライブ映像とアコースティック音源がついてくるそうですが、これについては?

 ワンマンの映像は同じ東京キネマ倶楽部ですし、前作『Contrast』のDVDと見比べる人もいるんじゃないかなと思いました。DVDで見て楽しむのと、ライブで見て楽しむのはまた違うと思います。お酒とかコーヒーを飲みながら 見ていただけると良いかなと思います。

 あとアコースティックの録音はじっくりやりました。ギターと一緒にやることはあっても、ピアノやカホンが入った編成はなかったので、音源化できてよかったです。「君に最後の口づけを」は懐かしい曲ですが、このバージョンでぜひ聴いてほしい。アコースティックツアーも控えているので、予習しておいてもらえると何倍も楽しめるんじゃないかなと思います。

――すでに始まっているリリースツアーはどんな感じになりますか。

 リハもいい感じでしたし、新しい曲に対して皆さんがどういう風に乗ってくれるのかが楽しみ。自分の知らない、楽曲の新しい一面を発見できるんじゃないかなと私自身も楽しみです。

――この夏はどんな活動をしたいですか。

 一番好きな季節は秋で、夏はあんまり好きじゃないので乗り切りたいですね。「熱中症で死なないように」というのがテーマです。ライブもたくさんしたいですね。フェスもありますし、曲を毎日作って気持ちを整えていこうと思います。

(おわり)

■majiko(マジコ)PROFILE

1992年10月28日生まれのシンガーソングライター。幼少の頃から音楽の溢れる家庭で育ち、高校の頃からソングライティングを始める。2010年、友人の勧めで「歌ってみた」動画を「まじ娘(ルビ:こ)」という名義で投稿。その圧倒的な歌唱力にネット上で大きな話題となり、シングル1枚、アルバム2枚をリリースする。2017年2月、メジャーデビュー作となるミニアルバム「CLOUD 7」のリリースタイミングで名義を「majiko」へ変更する。2018年3月、2ndミニアルバム「AUBE」をリリース。同年7月にはシングル「ひび割れた世界」(東海テレビ・フジテレビ系 オトナの土ドラ「限界団地」主題歌)をリリース。2019年1月、5曲入りEP「COLOR」をリリース。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)

関連する記事