デビュー5年目に突入したDOBERMAN INFINITYが6月26日に、ベストアルバム『5IVE』をリリースする。メンバーはKUBO-C、GS、P-CHO、SWAY、KAZUKIの5人組で、昨年は日本武道館公演も成功させ、7月14日には横浜で主催フェス『D.Island 2019』の開催や11月には、兼ねてからの夢だったアリーナツアーも決定するなど勢いに乗っている。インタビューではアリーナツアーへ向かう現在の心境、ベストアルバムに込めた思いや、5人でこれからチャレンジしてみたいことなど話を聞いた。【取材=村上順一/撮影=片山 拓】

アリーナツアーではもっと強く

――『DOBERMAN INFINITY 2018 DOGG YEAR ~FULL THROTTLE~ in 日本武道館』から約半年、このメンバーになってから5年経ち、令和に突入しましたが、今どのような心境で活動されていますか。

KUBO-C 次のアリーナツアーに向けてテンションはすごく上がっています。アリーナツアーは僕らが一番言ってきたことですし、掲げた夢なんです。でも、アリーナツアーをやったから夢が叶うのではなくて、ちゃんと成功させなければダメなんですけど。しっかり盛り上げて、一つひとつが大成功と言えるようにしたいです。

KUBO-C

SWAY 武道館公演はもうだいぶ前のことに感じています。去年のホールツアーというのが、改めて自分たちの音楽と向き合えました。ライブというのは自分たちが作ってきた音楽をやる場でもあるんですけど、次の自分たちの目指すところも、自ずと見えてくるんです。曲も違う側面が見えて来ることもあるので、それらを吸収して今回のベストアルバムにも出せたと思います。アリーナツアーを今まで以上にしたいというのが次の目標です。

SWAY

KAZUKI 武道館に関しては1日だけだったということもあって、ホールツアーとは勝負するマインドが違っていたと思います。その一回の本番に集中出来るというのもありましたし、武道館ということで記念的な気持ちもありました。でも、今回のアリーナツアーに関しては戦いに行くという感覚もあって、すべてが武道館と同じくらい、もしくはそれ以上のキャパのところでやるということは、相当ハードな戦いになると思います。

――KAZUKIさんといえば武道館でシャツを脱がれていましたが、あれは気合いの表れの一つなのでしょうか?

KAZUKI それもあるんですけど、武道館の時のは、それとは逆なんです。

KAZUKI

KUBO-C どういうこと?

KAZUKI あれは色気を出すためですね(笑)。なのであれは全公演、決まったところでちゃんと脱いでいましたから。

――演出なんですね。アリーナでも観れるのでしょうか。

KAZUKI 良い音楽のタイミングで(笑)。脱いだと思ったらすぐ着るかも知れないですけど(笑)。

――楽しみにしています! GSさんはいかがでしたか。

GS 実はステージ上での記憶があまりないんですよ。僕らは常に動いているマグロみたいな感じで、武道館の余韻に浸る時間もなく、次のミッションに動き出していました。もちろん余韻に浸っていたかったというのもあるんですけど。止まらずに動いてきたからこそ、100%の力でやれているアーティスト活動が幸せだと感じています。今はアリーナツアーという一つの目標に向けてですね。過去よりも次をどうやって行きたいかの方が強いんです

GS

――とはいっても、武道館のMCはすごく感極まっていましたね。

GS 唯一そこだけ覚えています。あの時はHIROさんが観に来てくれていました。MCでは前身のグループだったDOBERMAN INCが3人になってしまって、「この先どうするんだ」といったことや、SWAYとKAZUKIの2人が加入して今の体制になったことが走馬灯のように蘇ってきて…。EXILEとの出会いが全てだったし、HIROさんに声を掛けて頂いたのが人生のターニングポイントだったので、親孝行じゃないですけど、武道館に立つその姿を見てもらって、「ここで満足していないぞ」というところを見せたかったので、一語一句気をつけて喋っていましたから。

――そうだったんですね。P-CHOさんは武道館はいかがでしたか。

P-CHO 改めて夢というものを再認識した感覚が武道館公演にはありました。アリーナツアーが決まって、このスケールで全国を回れるんだというところで危機感も感じて、もっと気合いを入れようと思えた瞬間でした。ホールツアーで回っていた時よりも気負っていた自分もいたと思うんです。武道館はGSと同じく、断片的にしかない記憶の中でも、必死にやっていたことが良かったところもあるんですけど、アリーナツアーではもっと強くなっていなければいけない、と思わせてくれたステージでもありました。

P-CHO

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。