SEKAI NO OWARIのFukaseが、ライブでステージ下に落ちるアクシデントがあったことを報告。検査で「異常なし」との診断を受けたことを明かし、ファンを安堵させている。

 現在、『SEKAI NO OWARI TOUR 2019「The Colors」』を開催しているセカオワ。21日は埼玉県のさいたまスーパーアリーナでライブが開かれ、一夜明けた22日、Fukaseは自身のインスタグラムを更新した。

 Fukaseは「昨夜、ライブ中にステージから転落してしまうというハプニングがありましたが、幸いな事に目立った外傷も無く、念のためCTとレントゲンを撮りましたがどちらも異常はありませんでした」と報告。ステージ下に落ちるアクシデントがあったが、幸い無事だったことを伝えた。

 そして、「心配をおかけした皆様、すいませんでした。 今日もいつも通り全力でいくので、よろしくお願い致します」とファンに向けてメッセージを送った。

Fukaseが掲載した転落の瞬間の写真(Instagramより@fukase)

 その上でFukaseは「ただ、お医者さんからも言われたのですが、1.5mとはいえ転落すると非常に危険なので、これからもメンバー共々気を付けていきます」とし、ステージ事故がないよう万全を尽くしていきたい気持ちを寄せている。

 ツイッターにはライブを鑑賞していた人が「Fukaseがステージから落ちた時は怖かったけど無事で良かった」「Fukaseさん、大丈夫だったみたいだね、良かった」などと、何事もなくパフォーマンスを続けたFukaseに安堵する声が見られた。

 ただ、ライブが終わり、深夜を迎えるなかで「Fukaseさん心配だな…」「大丈夫だったんだろうか…?」「みんなが心配しないように『もう落ちないから! 安心して!』とか『今のところは大丈夫』って言ってくれたけど絶対アンコールとか足痛かっただろうな…」などと、あらためて心配する声が続出していた。

 それを受けてのFukaseのコメント発表となっており、「とにかくケガがなく無事でよかったです」「落ちた時はびっくりしましたが、MAGICの全力のパフォーマンスとても感動しました」などと安心する声が挙がるとともに、昨夜のライブの興奮を思い出すファンも多く見られている。

 セカオワは22日も、さいたまスーパーアリーナでライブを開催する。

記事タグ