中山美穂が、デビュー35周年イヤーを迎えた21日、音楽活動を本格的に再開することを発表した。今冬に約20年ぶりに新曲を発売する。さらに自身の誕生日でもある来年3月1日に東京・中野サンプラザでコンサートをおこなうことも決定。中山は「また歌えることの喜びを皆さまにお伝え出来る日が来るなんて信じられません」とコメントしている。

 2015年、年末特番に出演した際には番組内最高視聴率を叩き出すなど、音楽活動への期待が高かった中山。今年3月16日に愛知県・名古屋CLUB QUATTOROでおこなわれた、浜崎貴司(FLYING KIDS)の弾き語り対バンツアー『GACHI HAL TOUR 2019』にゲスト出演をした際のライブパフォーマンスに、満員の会場から割れんばかりの拍手とともに、感極まった来場者の涙する姿が多く見られたという。

 この様子に感銘を受けた音楽制作スタッフが、35周年イヤーに中山美穂の音楽活動を本格的再開したいと提案し、今回の運びとなったようだ。

 中山は1985年のデビュー以降、39枚のシングルと21枚のオリジナルアルバムをリリースしているが、音楽活動の本格的再開に合わせて、オリジナル曲としては1999年9月16日『Adore』以来、約20年ぶりとなる新曲を今冬に発売することが決まった。

 さらに、自身の誕生日でもある2020年3月1日には、デビュー時に初コンサートをおこなった思い出の場所「東京・中野サンプラザ」で、ソロコンサートの開催も決定した。ちなみに、最後のワンマンライブは、1999年10月30日の六本木Sweet Baisilとなっている。

中山美穂・コメント

 ありがたいことに、コンサートはやらないのですか? と言って下さる方が沢山います。音楽から遠ざかって随分と経ちますが、私の気持ちはいつだって音楽で溢れています。泣いたり笑ったり、感動の思い出が沢山詰まった中野サンプラザ。また歌えることの喜びを皆さまにお伝え出来る日が来るなんて信じられませんが、かなり贅沢な誕生日パーティーとして楽しんで頂けたらと思います。

記事タグ