乃木坂46・斉藤優里が18日、都内で、写真集『7秒のしあわせ』の発売記念お渡し会をおこなった。これに先がけた囲み取材で、斉藤は自身の卒業について言及し「アイドルというお仕事が楽しかったと思える、乃木坂46生活でした」としみじみ。写真集については、タイトルと対照的に「1ページ3分ぐらい見て」とアピールした。

 すでにグループ卒業が決まっている斉藤にとって、この写真集はメンバーとして最初で最後の作品。撮影はインドネシア・バリ島でおこなわれ、自身で場所や衣装もチョイスしたそうだ。無邪気な表情から大人でセクシーな表情、25歳になった彼女の姿を存分に堪能できる内容となっている。

斉藤優里

斉藤優里

 囲み取材の冒頭、斉藤は写真集を「私の行きたいところで撮影して、夢をかなえた作品」と説明し、バリ島に行きたかった理由を「SNSで見ていて、ここで撮ったらぜったい可愛いんだろうなと思って決めました」と語った。水着での撮影時にプールに落ちてしまった失敗談も明かし、笑顔も見せる。

 ランジェリー姿のセクシーなショットについては「はずかしい気持ちよりは、美しく撮ってもらいたい気持ちが勝ちました」とした。撮影はちょうどバースデー公演の期間と重なっていたそうで「(体形は)ライブの激しさで調整できました」とコメント。乃木坂OGの伊藤かりんから、笑顔と大人っぽい表情のバランスが「ちょうどいいね」とほめられたそうだ。

 タイトルは「語感が一番かわいいなと思ったのと、デビュー7年の時期に撮ったので。7に縁があるのでふさわしいのかなと思ってます」とし、自己採点も「777点。ラッキーセブンなので」と自信たっぷり。しかし「本当は7秒以上見てほしい」ともらし「1ページ3分ぐらいはかけて見て」と題名をくつがえす本音でアピールした。

 また、この写真集のお渡し会最終日で卒業することを明かし「アイドルというお仕事が楽しかったと思える、乃木坂46生活でした。このグループに入れてよかったです。メンバーもスタッフさんも大好きです」としみじみ語る場面も。

斉藤優里

斉藤優里

 今後については「洋服関係のことにたずさわれたら。でも、いろいろやりたい」と語る。ファッションについては、デザインにも興味があるようだ。なお、担当しているラジオパーソナリティーは続投するもよう。実際にファッションブランドを手がける小嶋陽菜の名を挙げ「女性的にもかわいらしいと思いますし、尊敬しています」とリスペクト。

 最後は「今まで見せたことのないような写真が詰まっています。たくさん見てくれたら嬉しいです。大事にしてください」とコメントした。【取材・撮影=小池直也】