R-指定、広瀬アリス、飯尾和樹(ずん)、眉村ちあき

 広瀬アリス、眉村ちあき、飯尾和樹(ずん)、R-指定(Creepy Nuts)が18日、都内でおこなわれた、日本コカ・コーラの新製品「ジョージア ジャパンクラフトマン 微糖」発売記念イベントに出席した。

 「ジョージア ジャパンクラフトマン」のCMでもおなじみの広瀬アリス、「ジョージア」のソーシャルキャンペーンにも出演しているお笑いコンビ・ずんの飯尾和樹、フリースタイルラップで知られるラッパーのR-指定、弾き語りトラックメーカーアイドルの眉村ちあきがゲスト出演。4人で1日限りの特別ユニットを結成し、「働く若者の応援」をテーマにオリジナルソング「えらいねー!」を披露した。

 飯尾とともに、タンバリンでリズムをとりながら歌に参加した広瀬は歌う前は「得意ではないので…」と語っていたが、のびやかな歌声を披露。歌い終えると「緊張しました。大事なシーンよりもバクバクで。首から下が変な震えが…」と語ったが、その歌声に飯尾からは「上手ですよ」とお褒めの言葉。

 一方、ラップを披露したR-指定も「緊張しました。ラッパーとして活動していたらお会いできない人たちの前だったので。緊張して歌詞を間違えた」とも。眉村も「間違えて、アドリブで何とかしました」と明かした。

 そんな広瀬。新CMでは“変顔”も披露している。「(共演者が)初対面だったので恥ずかしいなと思ったけど、思い切ってやったらやりすぎてNGに。でも自分らしいCMになりました」と振り返った。

 元来、周囲を楽しませる性格だという広瀬は「(撮影現場で監督は)げらげら笑って。笑ってくれると嬉しいからどんどんエスカレートして」とし、「普段からお人やかにいたいけど、できずに24年間が経って。笑わせるのが好きなのでどうしても変顔をしてしまう」と語った。

 同製品は、日本の職人技で育った水出し抽出によるコーヒーを使用。粗びき豆を使った水出し抽出のコーヒーと深煎り、中煎りの二層抽出による「ジョージア ジャパンクラフトマン」ならではの味わいをそのままに、牛乳とほのかな佐藤の甘味のバランスでブレンドしている。

 広瀬は「軽快な飲み心地が魅力。台本を読みながらとか、大事なシーンの時に飲んで落ち着きたい。甘いものが欲しい時に微糖がちょうどいい」と絶賛していた。

この記事の写真

記事タグ