岩田剛典3rd写真集(C)講談社

 EXILE/三代目J SOUL BROTHERSの岩田剛典(30)が、8月2日に講談社から3rd写真集『タイトル未定』(B5版/144P/3000円税別)を発売する。

 今年3月に30歳の誕生日を迎え、本作は、そのアニバーサリーブックの意味合いも持つ。

 俳優として、2019年までの公開映画で通算12作に出演、着実にキャリアを積む。また、今年1月には、世界的ブランド「ルイ・ヴィトン」のブランドアンバサダーに就任するなど、国内のみならず、世界的にも注目が高まるアーティストだ。

 そんな彼が、今作、カメラマンとして迎えたのが、かねてより共演歴、交遊のあった、俳優で写真家の永瀬正敏(52)。

 岩田自身が将来について思いを巡らせていたときに、そこにヒントを差し出したのが、長らく日本のカルチャーを牽引してきた永瀬だった。

 岩田と永瀬は、2018年6月に公開となった、河瀬直美監督の映画『Vision』で初共演。

 本作の現場では、役作りの観点から演者同士の積極的なコミュニケーションが許されていなかったが、撮影後や公開前後のタイミングに、映画のプロモーションや共通の友人を交えての食事会で、たびたび会話をする機会があった。岩田は永瀬より、役者として、一人の男として、いろんな話を通して刺激を与えてもらったと、そのときを振り返る。

 岩田が、翌年(2019年3月6日)30歳の誕生日を迎えることもあって、“この先の自分の在り方”や“40代、50代になったときにどうなっていたいか”を永瀬に打ち明けたとき、永瀬はふと、自らの30代のときのことや、自分の身の回りの数々の名優、スターたちが歩んできた道を思い返す。

 そして、「彼の30歳の節目のタイミングに、“面白くて、最高におしゃれで、チャレンジングな企画”であり、“大胆だけど、将来見返したときに、やってよかったと思えるもの。そして、仲の良い友人につい見せたくなる作品”を一緒に作れないか」と考えるようになった。岩田ももちろんこの提案を快諾。そして、昨年末より、アイデアは時間をかけて練られ、岩田剛典の記念すべき“3rd写真集”として、動き出すこととなった。

 本作は、永瀬と岩田が話し合いを重ね、ファッション、セクシー、エモーショナル、そして唯一無二の世界観が構築されている。緻密な永瀬のディレクションのもと、全編、国内の神秘的なスポットにて撮り下ろしされた。

岩田剛典・コメント

 永瀬さんのイメージする世界観にどっぷりと浸からせていただいた撮影現場は、とてもクリエイティブで刺激的な時間でした。ただ今絶賛制作中ですが、既に現時点でこれまでにない挑戦と刺激が詰まったアーティスティックな一冊になっています。ぜひ、男性女性問わず、また幅広い層の方に届けられたらと思っています。タイトルや表紙もこれから徐々に公開していくので、ぜひそのプロセスも、みなさんに一緒に楽しんでいただけたら嬉しいです。

永瀬正敏・コメント

 岩田くんの記念すべき年に、共に作品を作れる機会に恵まれて、とても光栄です。日本を代表するクリエイターの方々が集結した本作品集。その中で、様々な新しいチャレンジを含め、未来への可能性を最大限発揮してくれた岩田くんの姿は感動モノでした。現在、制作も最終段階なのですが、余りにも素晴らしいカットが多過ぎて、ここしばらく寝れない日々が続いています。その産みの苦しみを味わえる幸せを噛み締めながら、一人でも多くの方へ“岩田くんの思い”をキチンと届けられる様に、今仕上げ作業に全力を尽くしています。

 ◇

 写真集公式ツイッターがオープン。(岩田剛典3rd写真集『タイトル未定』 【公式】@IWATA_NAGASE)。イベントや発売に関する情報、また、撮影の裏側などが公開される予定だ。また、8月4日には、都内某所にて、発売記念イベントも開催予定。詳細は公式ツイッターにて告知される。各ネット書店にて、予約も開始された。

記事タグ