7人組アイドルグループの天晴れ!原宿が7日、お台場・Zepp DiverCity(TOKYO)で『天晴れ!原宿全国ツアー2019 〜Upper Light Up!!〜』の最終公演をおこなった。東京から始まり各地をまわりながら、みがきあげたパフォーマンスでファンを魅了。さらに3度目となるメジャーデビューも発表されるサプライズもあり、まさに感動とおどろきの夜となった。

天晴れ!原宿

 梅雨入りが発表されたこの日、開演前のフロアはたくさんのファンでにぎわっていた。ステージ中央にはポップなグループのロゴとダルマが見える。暗転すると太鼓と笛によるお囃子で、メンバーの朝比奈れい、成実みく、藤宮めい、永堀ゆめ、七瀬れあ、工藤のか、藍井すずがそれぞれ入場。音が消えると同時にピタッと配置についた。

 開幕の楽曲は「アッパライナ」。展開が多いこの曲で、いきなり観客にアピールしていく。スピーカーからの音が力強く、体に当たって気持ちがいい。拳を突き上げて曲が終わると、すぐに「カラフルミラクルディスカバリー」へ。左右にフォーメーションが動くシーンでは、メンバーにつられてオーディエンスも揺れていた。

 メインMCを務めるのは成実。「今日はここにいるみなさんで最高の思い出をつくりましょう!」と叫んで「ハジマリのアイズ」につないだ。藤宮と成実がおたがいにマイクを向ける場面は、ほほえましいものだった。最後は手で銃を撃つ様なポーズ。開始3曲でメンバーはすでに観客の心を射抜いた。続く、それぞれの自己紹介時のコメントは以下。

永堀
「ここにいるみなさんを絶対絶対絶対に幸せにします!」

七瀬
「この7人で今までの最高のライブを更新します!」

朝比奈
「今日はみんなでひとつになりましょう!」

藤宮
「もっともっと私たちのことを大好きにさせちゃいます!」

藍井
「みんなのことを世界一幸せにしたいと思います!」

工藤
「今日は世界一みんなを幸せにします!」

成実
「ついにZepp DiverCity来たぞ!夢かなったぞ!」

 おのおのが大舞台に立った気概を感じさせる力強いメッセージで、会場が7回歓声が上がった。

天晴れ!原宿

 ステージ再開は藤宮のタイトルコールで「汽水ガール」から。キュートなパフォーマンスを見せてからの「エンドレスサマー」で熱気が増す。トロピカルなサウンドのEDMに乗せ、タオルが振られた。その後もジャンプする人が続出し、フロアは混沌としていく。ノスタルジックな間奏が印象的な「センチメンタルプリズム」のエンディングとともにメンバーが退場。

 ここで3度目のメジャーデビュー決定の映像が流された。3度目のデビュー曲のタイトルは「アッパレサマー」。このミュージックビデオが流れされてから、新衣装に着替えた7人が実演。夏らしい楽曲でタオルを回しまくり、パフォーマンス後にメンバーから直接メジャーデビューが報告された。

 「超絶スーパーLOVE!」はハートがぐるぐる回る演出のなか、曲中で工藤が「これからも天晴れ!原宿についてきてくれますか?」、藤宮「もっともっとみんなの笑顔がみたいです!」と呼びかけ、思わず胸が熱くなる。その後もバラードを配置せずにギアを上げ、汗を流しながら演じ続けた。そして永堀がマイクを取る。

 「全国ツアーは東京から始まって、沖縄、名古屋、大阪、仙台、福岡、広島、そして帰ってきました。このツアーの目標は『原点回帰』ということで。『天晴れ原宿のライブを見て元気になったな』という人がひとりでも多くいたら嬉しい。Zepp DiverCityという、あこがれのステージに立てたことに感謝しています。天晴れ!原宿がもっと大きくなれるように、豆つぶになれるようにこれからも頑張っていきたいと思います」

 この力強いスピーチから、スカートが揺れる振付けが印象深い「Our Music」。さらに「虹をかけろ!」の転調をともなった最後のサビで熱気はビークへ。余韻を残しながら本編を終えた。

天晴れ!原宿

 それからアンコールが自然発生し、Tシャツに着替えたメンバーがステージ戻ってくる。「アンコールもみんなで楽しんでいきましょう!」と成実が呼びかけ「幽玄テリトリー」で延長戦が始まった。可愛らしいピアノの音からさわやかに魅せていく。

 続くMCでは、ファンクラブ『竹の子族』の始動、3周年記念ワンマンライブの決定、人気企画『エンドレスサマー』の開催がアナウンスされた。さらに朝比奈が「みなさんの幸せになれる理由が私たち天晴れ!原宿であったら嬉しいなと思います。これからも全力で頑張りますので、ついてきてください」と総括し、いよいよライブは大詰め。

 お囃子風のイントロから「原宿サニーデイ」が始まった。4つ打ちの力強いリズムに乗ってパフォーマンスする7人。疲れはみじんも感じさせず、しこを踏むようなポーズでフィニッシュ。そして本日最後の曲は「バンチャラ」。古き良き原宿を感じさせるロックンロールなサウンドで締めくくった。終盤にはキャノンでメンバーのサイン入りの銀テープが発射される嬉しいサプライズも。

 全曲目が終了し、とびきりの感謝を伝える7人。彼らは長い間笑顔で手を振り続けてから、ステージをあとにした。

セットリスト

01.アッパライナ
02.カラフルミラクルディスカバリー
03.ハジマリのアイズ
04.汽水ガール
05.エンドレスサマー
06.アイネクライネ幼き恋だね
07.センチメンタルプリズム
08.アッパレサマー
09.超絶スーパーLOVE!
10.この先へ!
11.君の眼球越し救いたまえアイドルよ
12.パレリラパレリラ
13.アッパレルヤ!!
14.キミだけのワンダーランド
15.Our Music
16.虹をかけろ!

ENCORE

ec1.幽玄テリトリー
ec2.原宿サニーデイ
ec3.バンチャラ

この記事の写真

記事タグ