きゃりーぱみゅぱみゅが12日、自身のツイッターで、ホストクラブに行ったことを動画で紹介。賛否両論の反響が寄せられ、「世の中の偏見をもっとなくしていきたい」と持論をコメント。ネット上で様々な意見が交錯するなど話題を広げている。

 きゃりーは最初の投稿で、「人生経験としてホストクラブに連れていってもらいました~! シャンパンパン 楽しい夜だった~」とコメントし、1本の動画をアップした。

きゃりーがアップしたホストクラブに行った動画(Twitterより@pamyurin)

 それはホストクラブでホスト達がハイテンションでグラスを合わせ、身振り手振りで盛り上げている様子。きゃりーは続けて「シャンパンパン~! うぉい! うぉい! うぉい! うぉい!」とツイートし、一緒に盛り上がったことを綴った。

 この動画は公開から10時間ほどで、100万再生回数に迫る反響を集め、今なお数字が伸び続けている状況だ。

 ファンらからの反響も大きく、「楽しめた夜みたいで良かったです!」「きゃりーさんにとって良い人生経験になったらいいですね」などと好意的に受け止めるコメントが寄せられた。

 ただ、その一方で、「きゃりーちゃん 行って欲しくなかったな」「あんまりこういうの載せない方がいいかと」「これは、ファンさん達心配するわ 賛否両論は仕方ない」などと様々な声が寄せられた。

 すると、きゃりーは「色んな意見あるみたいだけど」と切り出し、自らの考えをコメントしていく。

 きゃりーは「私は銀座のクラブもキャバクラもガールズバーもホストクラブも2丁目もスナックも偏見なく行くよ。どこの世界でもNo. 1になるような人は魅力的だし話してると学べるようなとがあったりお話ししてて楽しいのだ~」とし、「人生の社会科見学」と続けた。

 そして、「世の中の偏見をもっとなくしていきたい」ともコメントし、自らの考えを伝えている。

 このきゃりーのツイートにも多くの反響が見られ、「きゃりーちゃんの言ってる意味が凄い解りますよ」と理解する声をはじめ、「きゃりーさんを本当に大事に思ってるファンだからこそ心配で過保護になるんじゃないですか」とファンの気持ちを代弁するコメントも。

 さらに、ツイッター上には「自分も人生の社会科見学みたいな感じでほんといろんな分野のこと知りたい」「キャバクラホスト文化から今更学べる事なんてあるとは思えません」などの声も見られ、今回のきゃりーのツイートを介して様々な角度から意見が交錯しているようだ。

記事タグ