お洒落な曲調「ONE WAY」

本田剛文

──カップリングには、これも新しい表情となる「ONE WAY」を収録しています。でも、歌詞は前向きなボイメンらしさもあるのかな、と感じました。

本田剛文 歌詞自体はすごく前向きで、そこはボイメンらしいメッセージ性を持っているなと僕らも感じています。ただ、「ONE WAY」はとてもお洒落な曲調なんです。

──確かに、お洒落ですよね。

本田剛文 曲調は、めちゃめちゃ洒落ていて、そこは皆さんにも新鮮に聞いてもらえると思います。

辻本達規 ずっとリズムを裏取りしながら歌っていて、リズムでこんなにも遊んだことは今までにないです。

吉原雅斗 正確に言うなら、リズムで遊んだのは、曲を作った向井太一さん。むしろ、あんたはリズム(取りの難しさに)に遊ばれた形てしょ。

辻本達規 いやいや、手こずっただけで、最後は遊んでたよ。

吉原雅斗 ずっと遊ばれていたって、素直に言いなさい(笑)。

辻本達規 はい(笑)。

──みなさんにとっても、「ONE WAY」は新鮮な表情の楽曲なんですね。

吉原雅斗 むしろ今回のシングルでは、「ONE WAY」が一番新鮮な表情かもしれない。

田村侑久 新しい表現のジャンルが加わりましたからね。

吉原雅斗 正直、これまでR&Bって絶対に交わらないものだと思っていたんです。今回はご縁があって、ミディアムR&Bナンバーを向井さんに作っていただきました。そうしたら、意外にも結構ハマッたよね。

本田剛文 ちょっとムズムズもするけどね(笑)。

吉原雅斗 ファンの子たちも、聞いたらムズムズするのかな?

田村侑久 聞いた途端、「あれっ、路線変えた?」となるかな…。でも、続く「夢Chu☆毒」を聴くと「あっ、ボイメンらしい、お帰り」ってなると思う(笑)。

小林豊 もともと、『スポンジ・ボブ』の主題歌というお話をいただいて作った楽曲で、『スポンジ・ボブ』の世界観とBOYS AND MENがコラボした結果として「ONE WAY」が生まれた感じです。今回のタイアップがなかったらこのような表情に触れることはまだなかったかも知れないと考えたら、今回のコラボレートは、まさに新しい化学反応を与えてくれたなと思います。

辻本達規 歌詞自体は、変わらず前向きでストレートに書いてもらっているので、そこはボイメンらしくて良いよね。

──そのボイメンらしい、コテコテに熱い「夢Chu☆毒」についてはいかがですか。

田村侑久 昭和歌謡チックな。でも、めちゃくちゃキャッチーな歌で、1回聴いたら絶対にサビの<アモーレアモレ>が頭の中でずっと流れ続けると思います。

本田剛文 いかにもボイメンがやりそうな楽曲だし、「夢Chu☆毒」はうちのグループに一番似合う曲調でもあると思います。これは、ライブで披露するのがすごく楽しみです。

辻本達規 3曲ともお洒落に振ってしまうのはちょっと寂しいから、やっぱ、こういう表情も作品には必要なんですよ。

小林豊 確かに。今回はドラマやアニメと一緒に手を組んで楽曲を作ったので、そこで違うカラーを見せることが出来たのは嬉しかったことなんです。だからこそ、ボイメンらしさを入れたくてこの曲を作ったという面もありましたからね。

──来年にはアリーナツアーも決定しています。その前には、今年6月からBOYS AND MEN誠としてZeppツアー『誠 Zeppツアー2019 ~元気いっぱい全国大冒険~』もスタートします。

田村侑久 ナゴヤドーム公演には、皆さん全国各地から来てくださったので、次は僕たちが行くよという形で来年のアリーナツアーを決めました。

──今は、来年のアリーナツアーへ向けてどう展開を広げていくかの時期ですね。

辻本達規 そうなりますね。

本田剛文 今年は、生で僕らと触れられる機会をなるべく増やしていきたいなと思っています。

辻本達規 身近に触れられる機会は大事にしたいからね。

本田剛文 「ドーム公演をやったから、アリーナ公演をやると言って、どっか遠い存在になっていくチームじゃボイメンはないぜ」という姿勢を、僕らは何よりも大事にしたいですから。

吉原雅斗

──今年も、これからどんなことをやってくれるのか楽しみにしています。最後に、ファンの方々にメッセージをお願いします。

小林豊 作品としてはボイメンの新たな一面を出していて、強い想いを3曲の中に込めてもいます。ぜひ一度聞いて、好きになってもらえたらなと思います。

吉原雅斗 「ボイメンはこういうことも出来るんだぜ」という姿を投影して、また新しいボイメンを見せた作品になりました。そして、派生ユニットの“誠”として、Zeppホールをまわらせて頂きます。今回のライブには新コンテンツを多く盛り込んでやろうと思っているので、ぜひとも遊びに来て欲しいなと思います。

辻本達規 こうやっていい歌をいただいた以上は、それをもっといろんな方に聴いて欲しいなと思っています。だから、いろんなところでどんどん宣伝をしながら、いろんな人たちに今回の作品の魅力を広げていけたらと思っています。

本田剛文 最近、ボイメンも個々でいろいろ仕事をさせていただけるようになっていますが、やっぱりメンバーが揃ってステージをやることこそがボイメンとして最高に楽しいことで、大事にしていきたい。そんな中で、今回の新曲は、僕らにとって今までになかったすごく強烈な武器となると思います。それを手にライブに望むボイメンを楽しみにしていただきたいです。今度のZeppツアーも「行って良かった」というものを僕らはお届けしますので、ぜひお集まりください。まずは、一度観てもらわないことには始まらないので、応援していただけると嬉しいです。

田村侑久 この歌聞いて、懐かしい思い出に浸ろうぜ!!

(おわり)

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。