つばきファクトリー主演、演劇女子部『遥かなる時空の中で6 外伝 ~黄昏ノ仮面~』が6日、東京・池袋サンシャイン劇場で初日を迎えた。この日はゲネプロもおこなわれ、報道陣によるフォトセッションに応じた。

 高塚梓役を演じる小片リサはゲネプロ後、舞台上で「緊張しましたが、1公演1公演、新鮮な気持ちで最後まで誰も欠けることなく頑張りたい」と意気込みを語った。

 舞台は、大人気ゲーム『遥かなる時空の中で6』が原作。普通の女子高生だった梓が、タイムスリップした大正時代によく似た異世界で起こる帝国軍と鬼の一族の対立に巻き込まれ、奮闘する物語。

 主人公の梓を小片、鬼一族のダリウス役を岸本ゆめのが演じる。白熱した演技だけでなく、ミュージカルの要素や殺陣もあり、見どころ満載だ。

 キャストを代表して小片と、岸本は書面でコメントを寄せた。

小片リサ

 歴史のある遥かシリーズの作品をやらせていただけること、とても嬉しく思います。
 原作や前回の舞台のファンの方、たくさんいらっしゃると思うんですが…そんな方々にも認めてもらえるような作品にできるようキャスト一同頑張ります。
 今回の作品では、梓は一人の男性に恋をします。
 八葉それぞれ魅力のある方々ですが、その中でも一人を選んだ梓の心を観に来ていただき、共感していただけるよう、そして、一人一人の魅力を引き出していけるよう、高塚梓を精一杯演じたいと思います。
 舞台は毎公演全てが違うものだと思います。
 毎回少しずつ変化していく演技にも注目して、何度も観にきていただけるよう頑張ります。

岸本ゆめの

 数え切れないほどたくさんの方の支えやお力があって、初日を迎えることが出来ました。これまでに感じたことの無いくらい、感謝の気持ちでいっぱいです。
 たくさんの方の気持ちを裏切らないよう、そしてつばきファクトリーがグループとしての熱意を見せられるよう、千秋楽まで駆け抜けていきます。
 命懸けで戦うキャラクターたちのように、私達も命懸けでこの作品に向き合っていきたいです。

 ◇

 なお、東京公演は6日から16日まで。大阪公演は22日・23日おこなわれる。また、日替わり友情出演が決定。6日はモーニング娘。’19の石田亜佑美と牧野真莉愛が出演した。

記事タグ