山寺宏一が6日、都内でおこなわれた、映画『アラジン』(7日公開)スペシャル・ナイトイベントに出席。劇中でジーニーとアラジンが出逢うシーンで歌われる「フレンド・ライク・ミー」を歌唱した。

 同曲を歌い、映画の世界へと引き込んだ山寺。司会から歌った感想を聞かれると「その前に…今日はお忙しいなか来て頂きまして有難うございます」と観客にお礼の言葉。

 間を置かず、「私、蒼井優ちゃんと電撃婚した方がじゃない山ちゃんでーす! じゃない方でーす!」と声を張り上げ笑顔で挨拶した。

 山寺の愛称は、先日蒼井優と結婚した南海キャンディーズの山里亮太と同じ「山ちゃん」。

 山寺は「いらっしゃらないと思うけど、もしかしたら間違っている方もいらっしゃると…ね」と付け加えたが、実際に、山寺の友人に勘違いした人もいたようで「山ちゃん、優ちゃんと結婚したの?」と声をかけられたそうだ。

 その山里とはかつて、テレビ東京系『おはスタ』で共演していた。山寺は「お仕事したことがありましたから…」と、当時番組で有名だった「おはー」ポーズをして触れつつ、改めて「じゃない方でーす!」と伝え、観客の笑いを誘っていた。

 映画『アラジン』は、ウォルト・ディズニー・ジャパン配給の最新作。人生を変えるチャンスを持つアラジンと、新しい世界に飛び出したいジャスミンとの身分の違いを超えたロマンスと、3つの願いを叶えてくれるジーニーと“魔法のランプ”をめぐる、一大アドベンチャー・ロマンス大作。

 完全に吹替えた“プレミアム吹替版”では、アラジン役を中村倫也、ジャスミン役を木下晴香、ランプの魔人ジーニー役にはアニメーション版でも同役を務めた山寺宏一、アラジンたちとバトルを繰り広げる邪悪な大臣・ジャファー役を北村一輝が務めている。

 山寺はこの日、中村倫也、木下晴香、北村一輝と登壇。映画や吹替えへの思いを語った。

記事タグ