HKT48からの卒業を発表した兒玉遥が、9月に上演される舞台『私に会いに来て』に出演する。6月9日付で同グループを卒業する兒玉にとって本作が卒業後初の舞台出演作となる。

 『私に会いに来て』は、1996年に韓国で初演され、再演に再演を重ね約20年間ロングランを遂げた異例の大ヒット舞台。日本キャストにより、新たに上演する。

 先日行われた第72回カンヌ国際映画祭で最高賞であるパルムドールを獲得したポン・ジュノ監督が、この作品を原作とし、2003年に映画「殺人の追憶」として公開。韓国アカデミー賞(大鐘賞)において4部門で賞を獲得し、出世作となった。

 また、舞台単独初主演となる藤田 玲をはじめとする豪華第1弾のキャストも発表された。

 主演・キム・インジュン刑事役を務めるのは、ミュージカル『レミゼラブル』、ミュージカル『刀剣乱舞』などマルチに活躍する藤田玲。本作が舞台単独での初主演となる。その他、チョ・ナンホ刑事役に様々な映像・舞台作品に出演する中村優一、パク・ヨンオク記者役にHKT48卒業と共に舞台初出演となる兒玉 遥、ミスキム役に5人組アイドルユニット「きゅい~ん‘ズ」の西葉瑞希、そして、キム・セゴン課長役に大河ドラマから様々なミュージカル作品で活躍する栗原英雄の出演が決定。

 その他出演者は、第2弾キャストとして後日発表予定。演出は、ブロードウェイ作品『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』など数多くの舞台の脚本・演出を手掛けるヨリコ ジュンが務める。

 実際の殺人事件の資料をもとに創作された本作。次々と起こる猟奇的殺人事件の捜査を担当するため、ソウルからエリートの若手キム刑事が華城警察署に派遣される。怪しい人物を取り調べていくが、決定的な証拠がつかめず焦りはつのるばかり。そんな中、キム刑事に惚れる茶房の従業員ミスキムとの恋愛や、チョ刑事とパク記者の秘めた関係など、捜査本部の人間模様を描いた究極のラブサスペンス。

 「私に会いに来て」は、東京公演を9月13日(金)~16日(月祝)新国立劇場 小劇場にて、そして大阪公演を9月19日(木)・20日(金)サンケイホールブリーゼにて上演する。チケットは6月下旬より先行販売、8月4日(日)より一般発売開始となる。最新情報は、公式HPで随時公開。

記事タグ