ロックバンドのLUNA SEAが5月31日と6月1日、東京・日本武道館でワンマンライブ『LUNA SEA 30th anniversary LIVE -Story of the ten thousand days- 日本武道館2days』をおこなった。2日間にわたり開催された武道館公演はLUNA SEA30周年アニバーサリーという節目となった。90年代の代表曲からリリースしたての新曲、ライブではレアな曲目を含む全18曲が披露され、大熱狂のなか燃え盛ったこの日の武道館公演は、30年ぶんのLUNA SEAの歴史を最高のサウンドでファンの心に美しく、深く刻みつけた。武道館公演2日目となった6月1日の模様を以下にレポートする。【取材=平吉賢治】

30周年アニバーサリーという節目のイベント

RYUICHI

 開演時間17時ジャストとなった瞬間、会場中からクラップが刻まれる。昨日、今日の2DAYS構成の本イベントは30周年アニバーサリーに加え、LUNA SEA結成記念日である5月29日も含んだ、LUNA SEAにとってもファンにとっても大切な日だ。

 LUNA SEAの登場を示唆するように暗転した武道館は大歓声に包まれた。そして、スクリーンにはLUNA SEA30年間の軌跡がドラマティックに映し出される。RYUICHI、SUGIZO、INORAN、J、真矢と、一人一人ステージに表れ、それぞれの名をコールするファンからのエールは、この日のライブへの期待感と、30周年を祝う弾けんばかりの熱き想いを感じさせた。

 「LOVELESS」から電光石火のごとく火蓋を切ったライブは一瞬で武道館をLUNA SEA色に染め上げた。七色のライティングとレーザー光線が縦横無尽に武道館内を乱射。トリプルネック・ギターを構えたSUGIZOの耽美なプレイのなか、RYUICHIのシャウトを契機として一斉にオーディエンスは挙手で応える。

 おもむろにINORANがステージセンター付近のモニターに向かい、ニヤリと間を空ける。ふいをつかれるようなタイミングでの「TONIGHT」のイントロフレーズに会場は歓喜。RYUICHIは会場にマイクを向ける。そう、冒頭からのボーカルはオーディエンスが担当だ。一糸乱れぬ大合唱を経て、RYUICHIはサビを逞しく歌い上げ、JとSUGIZOはステージを覆う花道の端から端まで縦断してのパフォーマンス。すでにクライマックスかといわんばかりにライブを沸き立てた。

90年代の代表曲から新曲まで、30年ぶんの想いをシェア

SUGIZO

 RYUICHIはMCで「4人と出会って30年、共にステージに立てて本当に奇跡だと思います。嬉しく思います」と、改めてLUNA SEA30周年のこのときを丁寧に、感慨深くファンに告げた。

 「盛り上がって行こうか!」と、会場を焚き付けるとライブは「Rouge」によって空間を紅く染め上げさせた。そして、舞台下から放出される逆風のなかで美しくギターを奏でる姿が印象的な「END OF SORROW」、拍のユニゾンがキレッキレのイントロから走る「TRUE BLUE」と、LUNA SEA90年代の代表曲を連ね、ファンの心を滾らせた。

 リリース直後の新曲「宇宙の詩 ~Higher and Higher~」では、30年経とうが全く色褪せない、むしろパワーアップし続けているRYUICHIの圧倒的な歌唱力を改めて実感できた。これでもかというくらい温まっている武道館だが、「FACE TO FACE」ではINORANがパーカッションで力強くビートを刻み、ステージ後方から上方へ炎が吹き上がるする火炎噴射演出のホット・スパイスが立ちこめ、LUNA SEAの演奏熱、オーディエンス熱気に加えて物理的にもライブをヒートアップさせた。

 さて、ここでJと真矢は一旦ステージから姿を消した。SUGIZOはバイオリンを、INORANはアコースティック・ギターに持ち替え、RYUICHIは中央でスタンバイ。艶麗かつ前衛的なSUGIZOのバイオリンの調べに続く楽曲は「RAIN」。LUNA SEAのライブセットリストとしては、しかもこの編成での披露はなかなかレアではないだろうか。どよめきと歓喜が混じった声援のなかで演奏され、曲目中での絶妙な役割を果した。

「30年ぶんの想いを込めて全開で盛り上がって行こうぜ!」

真矢

 「RAIN」を終えると再び真矢が登場。ドラム・ソロを魅せてくれるタイミングであることが会場の期待感溢れる雰囲気から伝わってくるのだが、どうやら一味違う趣の様子。笛や鼓といった和楽器を凛と構える4人の和楽器隊とのセッションが展開されたのである。

 和風の美とわびさび、えもいえぬ日本的な“間”、真矢と和楽器隊の拍の呼吸は、伝統ある日本の聖地を慎ましやかに情熱的に、日本人の心拍を厳かに激しく刻んだ。

 続いて真矢のみでの、あらゆるビートをけたたましく豪打するドラムソロを経て、「今日はLUNA SEAの限界に挑戦するぜ!」と、満身創痍の表情で叫んだ。

J

 ソロ・セクションのバトンはJへと渡され、8ビート主体でプレジション・ベースを刻み付けるJのファンタジスタなソロステージではコールが巻き起こる。Jは「スゲえな武道館! 30年ぶんの想いを込めて全開で盛り上がって行こうぜ!」と、包容力溢れる清々しい表情で元気よく会場中に告げた。

 ライブ中盤では「BLUE TRANSPARENCY」「I for You」と、会場を叙情的なエモーショナルに包み、SUGIZOのカッティングとレガートなギタープレイが光る「BLACK AND BLUE」へと進み、武道館もSLAVEの心も青く染め上げるようだった。

 ステージ真後ろの花道でのSUGIZO&INORANが体を寄せ合ってのプレイ、「飛ばして行くぞ!」というシャウトに応えるように巻き起こるオーディエンスのヘッドバンキングと、Jの言う“30年ぶんの想い”が爆発しまくり、「ライブも佳境」と百回は書きたいほどの熱量を見せていた。そして本編最終曲は「ROSIER」。世界広しとはいえ、前のめりのシンコペーション・リズムがこれほど狂おしく美麗に映える楽曲は他にあるだろうか――。

「これからも5人で、みんなを新しい世界へ連れて行こうと思います」

INORAN

 <Happy Birthday LUNA SEA>と会場から温かく鳴り響く歌声。結成記念日の5月29日日、そして30周年アニバーサリーライブ最終日を想うファンのお祝いは、歌と、ファンが各々手に持つライトが星空のように輝き、武道館をロマンティックに彩った。

 「みんな、本当にどうもありがとね!」とRYUICHIはにっこり笑って応えた。そして、アンコールでは「もう一曲、新曲あるんだよね…」と、「悲壮美」の壮大なアンサンブルを披露した。続く「Dejavu」「WISH」では待ってましたと言わんばかりのシャウトのコール&レスポンスが鳴り響き、LUNA SEA初期の代表曲で会場は大いに、30年ぶんの想いが武道館中に舞い散り、言い表せない彩度の光を放っていた。

 「この曲をみんなにプレゼントしたいと思います」

 そのRYUICHIの言葉に、会場はどよめきと狂喜の歓声があがった。最終曲は「FOREVER & EVER」。10分を超えるこのドラマチックな楽曲でのフィニッシュは、LUNA SEA30周年アニバーサリーイベントの締めくくりにふさわしく、豪華な幕閉じとなった。
 
 INORANのギターのアルペジオで終曲となり、「全員でいくよ? いい?」というRYUICHIの合図でLUNA SEAとオーディエンスは一斉にジャンプ。ズシンと武道館を揺らし、「武道館! 愛してるよバイバイ!」というシャウトで公演は幕を閉じた。

 ステージ周囲の花道を歩きながら、メンバーは直接ファンと触れ合い、この日の輝かしい時間を分かち合った。SUGIZOは最後の最後に、ステージ中央で、妖艶な所作で丁寧にお辞儀をする。1分、いや、2分以上あっただろうか。その長い時間の礼は、ファンの方々に対する30年ぶんの愛が込められていることがひしひしと伝わってきた。

 この日LUNA SEAは、12月に10枚目のオリジナル・アルバムをリリースすること、そして12月21、22日に、さいたまスーパーアリーナにてライブイベント『LUNATIC X'MAS 2019』を開催することをアナウンスした。

 LUNA SEAがファンに伝えた“みんなを新しい世界へ”という言葉は、これまでの30年間でLUNA SEAがくれたもの、そして、これからも見せてくれるであろう、想像を超越する素敵な世界を提示するようだ。日本を代表するロックバンド・LUNA SEAの30周年ステージは、30年間のLUNA SEAとSLAVEの歴史を鮮やかに表現した。この先も刻み続けるLUNA SEA伝説に期待感が膨らむ――。

セットリスト

『LUNA SEA 30th anniversary LIVE -Story of the ten thousand days- 日本武道館2days』
6月1日@東京・日本武道館

01. LOVELESS
02. TONIGHT
03. Rouge
04. END OF SORROW
05. TRUE BLUE
06. 宇宙の詩 ~Higher and Higher~
07. FACE TO FACE
08. RAIN ~Drum Solo(乱序)〜Bass Solo
09. BLUE TRANSPARENCY
10. I for You
11. BLACK AND BLUE
12. IN MY DREAM
13. TIME IS DEAD
14. ROSIER

ENCORE

EN1. 悲壮美
EN2. Dejavu
EN3. WISH
EN4. FOREVER & EVER

記事タグ