ココロオークションらしい曲をたくさん作る

ココロオークション

――先ほど粟子さんが「ハンカチ」は0から1にしたと仰っていましたが、普段は大野さんのトラックから作ることが多いんですよね?

大野裕司 そうですね。今回はトラック先行で一番良いものを、メロディが良ければメロディ先行で一番良いものを作るとういうやり方なんです。「ハンカチ」に関しては別の曲から一番いいメロディをくっつけて制作したんです。他の曲のサビだったものがAメロやBメロに使われています。サビとしては弱かったけど、AメロBメロだった凄く良いみたいな感じで組み合わせて作りました。それでアコースティックでやってみて良い曲になったのでそこからトラックを作っていって。

――ある意味サビの集合体の曲なんですね(笑)。「手のひら」もザ・ビートルズ的な感覚がありますよね。ずっとサビみたいな。この曲はタイアップが付いたことで収録することになったんですか。

大野裕司 そうです。あと今はもう流通していないインディーズ時代のアルバムに入っていた曲なので、入れたいなと思ったのもあります。変えたところはグルーヴのところが大きいです。オリジナルより素朴にしたと言いますか。

――オリジナルのときはテンメイさんはまだ加入されていなかったですよね。

テンメイ いなかったです。なのでライブでは弾いていたんですけど、レコーディングは初めてでした。でも、あまり深く考えずにオリジナルのギターアレンジが良かったので少し変えたところはありましたけど、割と元の演奏に忠実に弾きました。

――完成度が高い一曲だったと。でも、歌は結構変わりましたよね?

粟子真行 そうですね。歌が一番変わったと思います。特に語尾とか。

テンメイ <君の後ろ姿>のところとか。

粟子真行 以前の歌は怪獣が炎を吐くような感じで、ガーガーっと全部同じ投げ方をしてしまっていたんですけど、今回アプローチの仕方は全然違います。

――聴き比べてみたいですね。さて、順番が最後になってしまったんですけど、一曲目に収録されている「RUN」はいつ頃作られたのでしょうか。

大野裕司 デモは昨年の夏頃からあって、デモの段階から良いなという実感があって、アルバムを作るとなってこの曲は収録しようというのが既定路線でありました。この曲と「向日葵」が軸になっていました。この曲があるからアルバムは大丈夫という安心感もありました。

――僕の中ですごくココロオークションっぽい曲だなと思いました。

テンメイ それ、僕も思いました。

粟子真行 実はこの曲のトラックをもらった時、メロディをつけるのに全然迷わなかったんです。多分僕を意識して作ってくれたというのもあると思うんですけど、自分が歌いたいようにメロディの線を描けた曲でした。なので凄くしっくりきて、この曲は絶対アルバムに入れたいなと思いました。歌詞のメッセージもしっかりと僕らが言いたい事を言えていると思います。

――凄く良い感じにできたことが曲からも伝わってきました。さて、らしさあふれるアルバムが完成しましたけど、この先、ココロオークションはどのような展望がありますか。

大野裕司 『VIVI』と『Musical』は対になる作品だと思っていて、どちらもその時の全力を尽くしています。『VIVI』を聴いて『Musical』を聴いたらこんなこともやるんだと思ってもらえると思いますし、逆もそうです。この2作ですごく振れ幅が出来たと思います。

 僕らのセンスになってしまうんですけど、良い曲であれば何をやっても大丈夫なんだということがわかりました。今までは新しいものにベクトルを置いていたのですが、自分たちが良いと思えるものを新旧問わず作りだしたいし、これからはココロオークションらしい曲をたくさん作るというのが重要かなと。

――センスもより磨かなければいけない?

大野裕司 センスを磨くことも大事なんですけど、それよりも良いか悪いかの2択をスピーディーに判断出来ることが重要なんです。それは、メンバー全員大丈夫だと思います。

――ありがとうございます。さて5月からはツアー『ココロオークション TOUR 2019』も始まります。

井川 聡 今作はココロオークション史上1番パワフルなアルバムになりました。このアルバムを聴いて待っていて欲しいのと、アルバム曲は今年に入ってから何曲か披露しているんですけど、めちゃくちゃ盛り上がってくれているので、全公演びしょびしょになれると思うので覚悟していて下さい!

(おわり)

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。