声優9人によるユニット「μ’s(ミューズ)」が、来年1月に開催されるライブで約3年9カ月ぶりに復活する。このことがネットニュースに流れると、ファンから相次いで歓喜の声が寄せられた。

 「μ’s(ミューズ)」は、アニメ「ラブライブ!」の声優陣が集まったユニット。新田恵海、南條愛乃、内田彩、三森すずこ、飯田里穂、Pile、楠田亜衣奈、久保ユリカ、徳井青空の9人で構成される。

 2016年3月31日~4月1日に「集大成」と位置付けたワンマンライブを開催したが、一部報道で「事実上の解散」と報じられ、15年末のNHK紅白歌合戦のリハーサル後の会見のなかで、メンバーは解散ではなくあくまでファイナルライブであることを強調していた。

 そのμ’sが復活を果たすのは、来年1月18日・19日にさいたまスーパーアリーナで開催される『ラブライブ!フェス』。ユニット・Aqours、Saint Snow、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会との共演と発表されている。

 このことがネット上で広く報じられると、瞬く間に「μ’s」関連のワードをがトレンド入りする反響を呼び、特に「μ's復活とかヤバない?」「μ's復活とか歓喜です!」「μ's復活は嬉しさの次元が違う」などと、“μ's復活”のワードが1位を記録している。

 さらに、メンバーは続々と自身のツイッターを更新。三森は「待ってた! 待ってたよ ラブライブ! そしてμ's、9周年おめでとう 僕らのLIVE 君とのLIFE聴きながら、胸がキュってしてます」などと感激の声を伝える。

 さらに、徳井は「展開に向けて、京極監督とμ'sからのスタッフさんが直々に相談に来てくださって。μ'sな徳井はこんな気持ちですと正直に話して。真剣に受けとめ慎重に検討してくださいました。本当に感謝します」と舞台裏を綴った。

 また、内田は「私の個人的な気持ちでは、復活という言葉では無いかなと思ってるんだ」とし、自身の率直な心境を寄せる。

 続けて「アキバドームという名の東京ドームで、μ’sをおしまいにしたことり達と私達の物語は、絶対に絶対に大切な物。あの時にしか無い輝きだから。9周年で、また会えたね!っていう感じかな…」と、ファンにメッセージを送り、これに新田も反応し、「μ'sic foreverの意味が、みんなに伝わったらいいな」と気持ちをこめた。

 この内田や新田のツイートにファンからは「大丈夫。ちゃんと伝わったよ!」「僕たちは知ってる」「大切な言葉だからこそ、しっかりと意味を分かって受け取っているつもりです」と、メンバーの抱えている気持ちを受け止める声が相次いで寄せられた。

 そのうえで、「幸せすぎて鳥肌たった!」「μ'sが見れるの? μ's全員見れる!? 絶対行くーっ!」などと早くもライブ参戦を表明するファンも多く見られている。

記事タグ