女性アイドルグループGANG PARADE(以下ギャンパレ)が5月26日、東阪野音ワンマンツアー『CHALLENGE the LIMIT TOUR』のファイナルとなる東京・日比谷野外大音楽堂公演をおこなった。この日はWACK所属グループWAggから移籍したナルハワールドを迎えた10人体制のお披露目ライブとなり、新体制歓迎ムードも加わる大盛況となった。色とりどりのパフォーマンスにMCと、エモくも破天荒なステージングにファンは大熱狂。ギャンパレのコンセプトである「みんなの遊び場」と化した野音は終始大フィーバーの一夜となった。【取材=平吉賢治】

超満員の遊び人・熱狂のレスポンス

GANG PARADE(撮影=外林健太)

 ライブ動員は1年で約4倍、CD売上げは約8倍と怒濤の勢いを見せるギャンパレだが、彼女達の下積みは長く、険しい道のりだった。相次ぐメンバーの脱退などの苦境を経て辿り着いた2019年のメジャーデビュー。ここ聖地・日比谷野音大音楽堂で一体どんなパフォーマンスを繰り広げてくれるのだろうか。

 黄色いマントを纏った10人新体制GANG PARADEが登場すると、会場の遊び人(ギャンパレファンの呼称)たちの大声援が野音を覆い尽くした。ステージ所狭しとフォーメーションを組むギャンパレは「ブランニューパレード」からキレのあるダンスでテンションの高ぶりを見せた。

 エモく切ないメロディを含む「pretty pretty good」を歌い上げ、オーディエンスのクラップでダンサンブルに拍が刻まれた「Jealousy Marionnette」と、序盤から破竹の勢いのステージを展開。ファンからの各メンバーへのコールは終始鳴り止まなかった。

 「来たぞ〜!」と3回絶叫、連呼した後にはメンバーが一人ずつ自己紹介。最後に新メンバーのナルハワールドが初々しく挨拶すると熱烈歓迎の大拍手。「我々GANG PARADE一同は、この青空の下で今日を迎えたことを感謝し、ここ日比谷野音に集まってくださったみなさんに感謝し、この10人で最高の遊び場をつくることをここに誓います!」と宣誓。オーディエンスのコールを交えてギャンパレと完全同期した野音は開始約15分で早くも激アツ状態へと突入した。

パンスト × ナルハワールド

GANG PARADE(撮影=外林健太)

 立て続けにアッパー・チューンを披露するギャンパレは歌唱にダンスに表情と、全力疾走のパフォーマンスを魅せた。「GANG PARADEと一緒に踊ろうにゃん!」と煽った「3rd FLOOR BOYFRIEND」では会場は野外ダンスフロアと化し、縦に横に斜めにと、ファンは最高の“遊び場”で踊り狂った。

 MCではGANG PARADEと野音への想いを語るなか、だんだんと、ユイ・ガ・ドクソンを起点とするファニーな小芝居へと突入し、曰く「被ると人気が出る」という“パンスト”に焦点があてられた。パンストの生々しい取り合いを経て、最終的にはその矢先は新メンバーのナルハワールドへと向けられた。そして、ナルハワールドはおもむろにパンストを被った。顔面を歪めながら。

 「ようこそ、GANG PARADEへ――。」MCがそうナルハへ告げると、儀式なのか洗礼なのか、そのまま一曲披露。もちろん、パンストは被ったままである。「私はGANG PARADEになったぞ!」と叫び、パンストを脱いだナルハワールドは清爽なドヤ顔での加入宣言。GANG PARADEへの加入を体を張って実感した瞬間かもしれない。わっしょいわっしょいとあまりにも楽しげに沸くオーディエンスの熱気がそれを物語っているようであった。

「始まったばかりの令和という時代を、GANG PARADEの時代にしていきたい」

GANG PARADE(撮影=外林健太)

 楽曲でのパフォーマンス以外でも様々なアプローチで楽しませてくれるギャンパレ。ライブは盛り上がりっぱなしのハイボルテージを保っていた。拳を交互に熱く挙げさせた「BREAKING THE ROAD」にコーラスの大合唱が轟いた「FOUL」と、キメるところはビシっと盛り上げ、陽が暮れてくる野音の暗闇に光を絶やすことはなかった。

 ライブも終焉間近、「UNIT」ではビートに合わせてのフラッシュ&クラップの鼓動が美しく日比谷を刻む。肩を寄せ合い横に揺れながら楽しむオーディエンスは恍惚と、GANG PARADEを全身で浴びていた。強烈なダンスビートにドラッギーなEDMベースラインの「Plastic 2 Mercy」に沸騰しながら高ぶるファンは、本編最終曲である同曲が終わった直後から、「まだ足りない!」のアンコールでギャンパレを煽った。

 再びステージに召喚されたギャンパレはアンコールに応えた。ここで告げられた、10人目となったメンバー・ナルハワールドの挨拶全文をノーカットで紹介しよう。

 「私はWAggというグループで活動してきました。そして3月の合宿オーディションで私はGANG PARADEに昇格することができました。正直、これまでの練習はWAggとGANG PARADEを両立しなきゃいけなくて、凄い大変だったんですけど、忙しくて、辛くて、でも……」

 涙を堪え、声を震わせるナルハワールドに「頑張れ!」と、ファンの声援が上がる――。

 「…練習も辛くて大変だったけど、私は9人のGANG PARADEが凄い憧れで、大好きで、それを超えることができるのか、それが一番怖くて…私には無理なんじゃないかって半分諦めかけたときもありました。でもそれは、たぶん自分勝手な思い込みなだけで、『頑張れ』とか『応援してるよ』とか、凄いたくさんの言葉に励ましてもらって、『ナルハだからできることだ』って言ってもらえて、凄く勇気をもらいました! 私は10人目として入れて凄い嬉しくて嬉しくて…でも、どうやって伝えたらいいのかわからなくて、『嬉しい』ということがみんなにあまり伝わっていないんじゃないかなって思ったんですけど、でも、とにかく私が言いたいのは今日からこの場所が私の大切な、大切な居場所です!」

 「ナルハ!」コールと共に、会場は温かい拍手と声援に包まれ、野音を美しく輝かせた。

 「この新しい9人の仲間と一緒に、始まったばかりの令和という時代を、GANG PARADEの時代にしていきたいです! 遊び人のみなさん、これからも応援よろしくお願いします!」

 新メンバーを迎えたGANG PARADEの10人は全曲目を全力疾走し、「たくさんの愛とパワーをありがとうございます」という感謝の意をファンに告げ、 大盛況のなか東阪野音ワンマンツアーの幕を下ろした。最後にギャンパレは、9月より全国10箇所12公演を巡るツアー『PARADE GOES ON TOUR』の開催を高らかにアナウンスした。この公演は、横浜ベイホールから始まり、ツアーファイナルは中野サンプラザという今までで最も大きなツアーとなる。

セットリスト

『CHALLENGE the LIMIT TOUR』
5月26日@東京・日比谷野外大音楽堂

01. ブランニューパレード
02. pretty pretty good
03. Jealousy Marionnette
04. Happy Lucky Kirakira Lucky
05. QUEEN OF POP
06. 3rd FLOOR BOYFRIEND
07. Are you kidding?
08. Beyond the Mountain
09. WE ARE the IDOL
10. BREAKING THE ROAD
11. Dreamer
12. GANG PARADE
13. FOUL
14. LAST
15. PALET
16. UNIT
17. Plastic 2 Mercy

ENCORE

EN1. CAN’T STOP
EN2. GANG 2

記事タグ