新木優子が、ディズニー/ピクサーの大傑作『トイ・ストーリー』シリーズ最新作『トイ・ストーリー4』(配給=ウォルト・ディズニー・ジャパン)の新キャラクターで、一度も子供に愛されたことがない女の子のお人形“ギャビー・ギャビー”役の日本版声優に決定した。オーディションで選ばれた新木は「まさか自分が『トイ・ストーリー』の世界に関われるなんて! と驚きました。ワクワク感が止まらなかったです」と驚きと喜びのコメントを寄せた。

 新木が演じるギャビー・ギャビーは、ウッディと手作りおもちゃフォーキーが迷い込んだアンティークショップにいる可愛らしい見た目の女の子のお人形。ウッディと同じように“おもちゃにとって大切なことは子供のそばにいること”という強い信念を持っているが、声の故障により一度も子供に愛されたことがなく、「いつか子供に愛されたい」と願っているキャラクターだ。

 新木はギャビー・ギャビーについて「愛されることを強く願っているキャラクターで、そのために努力をする一面がすごく女の子らしくて可愛くて、女の子がとても共感できるキャラクターになっていると思います。私自身も、老若男女から愛される存在になりたいとずっと思っているので、すごくギャビー・ギャビーと近いものがあると思いました」と自身との共通点を交えてコメント。

 子供に愛されるためには努力を惜しまず、一度でいいから子供のそばにいたいと心に秘めた強い想いを持っているギャビー・ギャビーだが、ウッディに不敵な笑みを浮かべる一面も…。そんな可愛いだけではないギャビー・ギャビー役を新木はオーディションを勝ち抜いて見事大抜擢。

 「女優やモデルとしてあらゆる世代から好感度が高く、また可愛らしい女性から芯の通った強さを持つ役、さらにはシリアスな演技まで幅広い役柄をこなすことができることから、ギャビー・ギャビーが見せる様々な面を演じられる」という理由で選ばれ、声優初挑戦ながら映画やドラマなど女優として魅せる幅広い演技力が決め手となった。

 新木は『トイ・ストーリー』ファミリーの仲間入りとなった気持ちについて「まさか自分が『トイ・ストーリー』の世界に関われるなんて! と驚きました。本当に小さい頃から大好きな作品でした。その中に自分の声が入り、キャラクターとして物語の中で生きることができるというワクワク感が止まらなかったです」と大喜びの様子。

 さらに新木はアフレコを行った時のことを振り返り「お芝居だと顔の表情や手といった見た目の部分で表現できたのですが、自分の声のトーンや強弱の付け方だけで感情を表現することは初めての経験。すごく難しかったですが、とても楽しかったです」と、楽しんでアフレコに挑んだことを明かした。

 本作はウッディやバズらお馴染みのおもちゃに加えて、ギャビー・ギャビーをはじめ自分をゴミだと思っているフォーキーやバイク好きのスタントマンのおもちゃデューク・カブーンなど、新しいおもちゃが続々登場。

 新木は「『トイ・ストーリー4』ではフォーキーや私が演じたギャビー・ギャビーが新たに加わったことで、より「トイ・ストーリー」シリーズの今までのキャラクターに深みが増して、新しい『トイ・ストーリー』の魅力を観ることができる作品だと思うので、是非大人の方にも小さいお子さんにも楽しんでいただきたいです!」と作品の見どころを熱く語った。

 新しいおもちゃ達との出会いを通してウッディが最後に下した人生の決断とは? 期待が高まるばかりだ。

 ピクサーの【過去作を上回る“語るべき物語”がある場合以外は続編を作らない】という言葉通り、これまでの『トイ・ストーリー』とは違う“何か”を予感させる本作。最後にウッディが選んだ驚くべき決断とは? この夏、「トイ・ストーリー」史上最大の奇跡が遂に幕を開ける!『トイ・ストーリー4』は7月12日(金)全国公開。

記事タグ