SING LIKE TALKING「人も時代も常にアップデートされていく」変わらぬ音楽への情熱
INTERVIEW

SING LIKE TALKING「人も時代も常にアップデートされていく」変わらぬ音楽への情熱


記者:村上順一

撮影:

掲載:19年05月29日

読了時間:約16分

スタンダードはハイエンドと同じくらい重要

佐藤竹善

――さて、今作「Spiral」は原作、真山仁氏の『ハゲタカ4.5/スパイラル』(講談社文庫)を読まれてから制作されたとのことなのですが、藤田さんが読まれて?

 僕と千章で読みました。プロデューサーからのテーマが希望で、今回のドラマは『ハゲタカ』のスピンオフで、千章はその原作も読んでいてドロドロの企業買収のお話なんですよね。それもあって、希望とは遠い話から始まるわけです。現実というのは冷酷というのがあった上で、人間の可能性を信じることで様々なアイデアが出てくる。ただ、それだけ言うと、単なる「どん底から這い上がる」的な美談ですけど、それでも実際の世の中はやはりそういう事のせめぎ合いであるということが、歌として描かれていることが大事だなと思いました。

 ドラマもそこに焦点を当ててくると思います。限りなく現実的で冷酷なものが見えた上での希望とは何なのかというのを、どう音や詞で表現するかを頭の中で整理していました。曲自体は1時間ぐらいで出来たんですけど、頭の中でイメージを1カ月ぐらい考えていました。

――作り始めてしまえば、めちゃくちゃ早いんですね。

 年齢を重ねてくるとイメージへのフォーカスが、より大事なのではと感じます。若い時は書きたいものを勢いで書いてきたところが多かったし、年齢的にそれはそれでよかったと思います。また、今回のように依頼があった曲は、特にイメージ作りが大事だなと思います。僕らが今まで音楽的に何を持ってやってきたのか、というのも込められていなければいけないですから。

――キャリアがあるからこその作り方にもなっているわけですね。イントロで聴けるパイプオルガンのサウンドが絶望感を表現されていて印象的でした。

 これは、パイプオルガンも入ったオーケストラの音を、敢えてビット数を落として割れた感じを出しています。絶望とドラマティックさを表現しました。ドラマではこの部分はカットされているんですけど、この音の代わりがドラマのストーリーの部分になっているのではと思います。ドラマで、イントロは使われないと聞いたので、作品では入れるか入れないか迷ったんですけど、そんなわけで、カットしませんでした

――改めてSING LIKE TALKINGの曲を聴かせて頂いて、キャッチの部分が凝っている曲も多いですよね?

 個人的にはリズムから始まったりと、他のアーティストに比べたらシンプルなスタートが多いと思うんですけど、ザ・ビートルズのようなキャッチーな導入から始まる曲も大好きですから、敢えて意図的に入れた方が、後になって良かったなと思えることが多いですね。「La La La」という曲の最初はアフリカンなリズムから始まっていたんですけど、これだとドラマティックな全体を伝えたいところに行くまでに、ちょっとクール過ぎるかなと思って、イントロにアカペラを足したんです。

――ザ・ビートルズのお話も出ましたが、竹善さんのルーツにはザ・ビートルズがあるんですよね。

 そうです。きっかけは13歳の頃に聴いた『赤盤』ですね。当時はそのアルバムが出た3、4年後で、オリジナルアルバムを聴いたのはもっと後でした。親は演歌が好きだったので、中一までは演歌や歌謡曲しか知らなかったんです。

――ちなみにザ・ビートルズで一番お好きなオリジナルアルバムは何ですか。

 オリジナルはどれも甲乙付けがたいですね。なので、全部好きです。オリジナルじゃないですけど、 一番好きなのはやっぱり『赤盤』です。ファーストインプレッションは大きいですからね。あと、よく聴いているのはイギリスとアメリカと日本でリリースされた2枚組のコンピレーションベストで『ラヴ・ソングス』というのがあったんですけど、受験勉強しながらそればかり聴いていたこともあって、2番目に好きなアルバムです。今でもそのプレイリストで聴きます。

――竹善さんはどのような環境で音楽を聴くことが多いのでしょうか。

 サブスクなどで車とか移動中が多いです。スティーリー・ダンとか音の細部までチェックしたい時は、自分の仕事部屋でCDで聴きます。

――CDの方がチェックには良いんですか。

 サブスクは、イヤホンなどで音がキャッチしやすいように、ハイ上がりの派手に聴こえるような音になっているんです。実際の元音はそうではないので、しっかりチェックしたい時はCDで聴きます。アナログで聴いたほうが良いのかなと思ったりもするんですけど、オーディオ環境には敢えて凝らないようにしているんです。

――それはどうしてですか。

 何故かと言うと、すごいシステムで聴いている人って全体の数%かしかいないし、自分がポップスが好きな限りは、皆さんと同じ環境で良い音に作られているものということを、いつも気持ちに置いていたいんです。オーディオが好きな人は良いシステムで楽しんでもらっても全然構わないんですけど、僕は音楽をやっている自分と切り離せないので、敢えて環境は豪華にしないようにしています。安物のラジカセと普通のCDプレーヤー、YouTubeやサブスクで聴いて良く聞こえるかどうかが、ぼくには重要なんです。

――良い音源は再生環境を選ばないですよね。

 そうですね。良いミックスやマスタリングはどの環境で聴いても、同じバランスで再生されますよね。たとえば、今若者が使っているベースがブーストされるイヤホンなど、本当は必要はないと思うんですけど、流行や楽しみ方も時代の必要条件なので否定的ではないです。難しいんですけど、これは音楽界の課題でもあると思います。幅広い音楽で、個々の趣味もあって、みんなに楽しんでもらうもの、売れるものとなると、あくまで様々あってもよいのが前提な上で、必要以上の華美さに流れないことが大事だと思います。

――そういえば、5月29日にオーディオブランド“NUARL”とコラボレーションしたSING LIKE TALKING仕様のワイヤレスイヤホンも発売されますが、竹善さんもアイデアを出されて?

 価格面など限界はあるんですけどアイデアを出して、できる限り良い音で楽しんでもらえるようなBluetoothのイヤホンです。こういったものが身近になれば、なおさら音楽を気軽に聴けるようになるじゃないですか。 とはいえ、気軽に聴けるものでも最初に聴いたものがダメでも、それが基準になるので、なるべく安くて良いものな上で、まずはエントランスとして一般の方の生活の一部になったら良いなという思いがあります。

――すごく重要ですよね。最初がダメだとそこでもう受け付けなくなってしまうこともあります。

 バブルの頃のスタジオなんかは高い機材を入れておけば良いという風潮もあったんです。なので、スタジオで良くてもCDになった時に、チャチな音になってしまっていることも逆にありました。だから、スタンダードというものはハイエンドと同じくらい重要な役割があるんです。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)

関連する記事