実写映画『アラジン』(6月7日公開)で、ウィル・スミス演じるランプの魔人ジーニーが、3つの願いを叶える魔法のランプの使い方を、名曲“フレンド・ライク・ミー”に合わせてノリノリで解説する映像がこのほど、公開となった。

 映画『アラジン』は、人生を変えたいと願う貧しい青年アラジンと自由に憧れる王女ジャスミンの身分違いのロマンスと、願いを叶える魔法のランプを巡る冒険、そしてコミカルなキャラクターで爆発的な人気を誇るランプの魔人ジーニーなどの人気キャラクター、そして名曲「ホール・ニュー・ワールド」と共にディズニーが贈る、すべてが詰まった究極のエンターテイメント大作。

 公開された映像には、アラジンとジーニーの初めての出会いが映し出される。「願い事は3つまで! ランプをこすって言う! 分かった?」と、甲斐甲斐しくアラジンに説明するランプの魔人ジーニー。魔法のランプを狙うものなら誰しもが知っている常識だが、ひょんなことから偶然にもランプを手にしてしまったアラジンにとって、何もかもが初体験。せっかくジーニーがノリノリな楽曲と共に分かりやすーく説明してくれたのにも関わらず、清い心を持ち、“欲望”とは縁遠いアラジンは「どう願えばいいの?」と一言。あまりのアラジンの私利私欲のなさに、さすがの魔人も「今の歌で全部せつめいしたろ!?」と頭を抱えてしまう…。何千年にもわたり人の欲を叶えてきた魔人と、ダイヤモンドのように光り輝く心をもつ一人の青年が織りなすコミカルな掛け合いが、なんともおかしく、そして思わずハッピーになってしまう映像となっている。

 映像の中でジーニーが歌う“フレンド・ライク・ミー”は、作品のユーモアパートをひっぱる陽気なジーニーの魅力がたくさん詰まった楽曲。この楽曲に関して、ジーニーを演じたウィル・スミスは「今作に入っていく時、僕の心には恐れがあったんだ。ロビン・ウィリアムスがすばらしい演技をしたからね。でもそんな恐れを克服させてくれて、『自分にはジーニーを演じられる!』と感じさせてくれたのが、この“フレンド・ライク・ミー”だったんだ!」と語り、役作りにおいて絶対に欠かすことのできない重要な楽曲であることを明かす。ウィルは「この音楽の奥底に、クラシックなヒップホップのビートを感じた時、『これぞ、自分の曲だ!』と感じられたんだ。そんなふうに、ヒップホップと遊んでいるうちに、ジーニーが生まれていったんだよ。“フレンド・ライク・ミー”を歌いながら、僕はジーニーを理解していったんだ!」と語り、曲とのシンクロの中でウィル・スミス版のジーニー像を創造していったことを語った。

 このご機嫌なナンバーを生み出したのは、オリジナルのアニメーション版に引き続いて今回の楽曲制作を担当している巨匠アラン・メンケン。アランはこのウィルが歌う“フレンド・ライク・ミー”を初めて聴いた時のことを「ホッとしましたよ。とても素晴らしかったからです。私から何の指示を出す必要はありませんでした。彼のパフォーマンスはロビン・ウィリアムスとはまた別のもので、独創的。そしてあのエネルギーね!彼が自分の歌を歌い、大いに気に入ってくれているのですから。もう最高ですよ!」と振り返り、ウィル版“フレンド・ライク・ミー”を大絶賛した。

 本当の自分の居場所を探す“ダイヤモンドの原石”のような貧しい青年アラジンと、自由に憧れる王女ジャスミンの身分違いのロマンス。そして“ランプの魔人”ジーニーと“魔法のランプ”を巡る胸躍る冒険を描いた究極のエンターテイメントが誕生する。

記事タグ