My Little Loverが26日、東京・二子玉川ライズで開催されたイベント『心地よい暮らしフェスタ2019』にゲスト出演。5曲を披露するミニライブをおこなった。akkoはトークショーで過去の恋愛についても振り返り、相手に100%の想いを求めていたという彼女は「彼氏は冷や冷やしていたと思う」と語った。

 「心地よい暮らしフェスタ2019」は、ファッション雑誌『リンネル』(宝島社)がプロデュースするイベント。2016年から『リンネル』の持つ世界観を読者に直接体験してもらうため、入場無料のオープン形式でトークショーやフリーマーケットなどをおこなってきた。今年は二子玉川駅に隣接する商業施設二子玉川ライズ ガレリア、中央広場、iTSCOM STUDIO&HALLの3会場で同イベントを開催。

 北欧カルチャーと衣食住の“食”をフューチャーし「パンと北欧」をテーマに、パン職人の直接販売やワークショップが開かれ、お笑いタレントの三浦靖子、モデルの菊池亜希子、臼田あさ美などがトークショーをおこなった。

My Little Lover

My Little Lover

 My Little Loverのトークショーでは自身の恋愛観について話す場面も。akkoは「真っ直ぐな気持ち、どれくらい自分のことを想ってくれてるんだろうと考えて、ほんのちょっとでも疑ったら駄目で。だから彼氏としては冷や冷やしていたと思いますよ」と当時の恋愛について振り返った。

 また、My Little Loverは今年9月に東名阪ツアー『My Little Lover ☆ acoakko live tour Autumn Countdown 2019』をおこなう。akkoは「是非遊びに来て下さい」と呼びかけた。

 そして、ミニライブではキーボードとアコースティックギターの編成で爽やかなポップナンバー「Magic Time」からステージを開始。続けてアコギのストロークから「CRAZY LOVE」を披露。アップテンポな楽曲で会場を盛り上げた。

My Little Lover


 キーボードの演奏から始まるバラードナンバー「音のない世界」ではakkoがハイトーンボイスを会場に響かせ、観客も静かに耳を傾けていた。続けてアコギのアルペジオから1995年の大ヒットナンバー「Hello,Again ~昔からある場所~」を披露。聞き馴染みのあるメロディに観客からも歓声が上がった。

 最後は「白いカイト」を歌唱。観客の手拍子で一体感のあるステージを見せた。ここではakkoがピアニカの演奏をおこない、大団円を飾った。【撮影・取材=松尾模糊】

セットリスト

01.Magic Time
02.CRAZY LOVE
03.音のない世界
04.Hello,Again~昔からある場所~
05.白いカイト

記事タグ