小松菜奈、門脇麦、成田凌が21日、東京・タワーレコード渋谷店でおこなわれた、映画『さよならくちびる』(5月31日公開)公開記念イベントに出席。劇中でデュオを組む小松と門脇は観客と共に主題歌を合唱した。

 小松菜奈演じるレオ、門脇麦演じるハルで構成する、人気ギター・デュオ“ハルレオ”。劇中、2人が披露する、主題歌のプロデュースを秦 基博が、挿入歌の作詞・作曲をあいみょんが担当している。

 そのハルレオとして登場する小松と門脇は、22日発売の同曲収録EPでメジャーデビューする。この日は、ハルレオと、付き人兼ローディ―のシマを演じた成田凌が登壇した。

 シングルとして発売されることに門脇は「嬉しい気持ち」、小松は「この時代にシングルとして発売できるのはね」と喜んだ。

 撮影が終わってから秦とあいみょんに曲への思いを聞いたという2人。門脇は「終わってから聞かせて頂いてそういう曲だったんだと…」とし、小松は「もっと好きになりました」と振り返った。

 小松と門脇はほぼギター弾き語りは初心者で、2人で練習することもあったと過去に明かしていたが、成田はそんな2人を見て「初心者がここまでできるのかと。あいみょんさんと秦さんの声が入ったデモを聴いてからやっていて、その時に完成した状態だったけど、2人が声を入れて初めて完成したんだと実感しました」と称えた。

 会場にCD購入者を入れてのこの日のイベント。集まった観客とともに「さよならくちびる」を合唱した。

 合唱を終え、小松は「撮影の時のことを思い出しちゃった。しんみりする。みんなと歌うといいですね。北海道の時も最後にみんなで歌ったよね」、門脇は「みんなの歌が想像以上に良くてしんみりしました」と感動した様子。

 成田は「ここまで愛してくれて僕らも嬉しい。映画と音楽ともども僕らも頑張っていきます」と語れば、門脇も「私たちの思い、秦さんとあいみょんさんの思いが込められているので、この音楽を聴いてから映画で、映画を見てから音楽を、Wで楽しめると思います」と語った。

 一方の小松は、「良い機会を作ってくれて、撮影の時を思い出して、良い曲だなと純粋に思いますし、舞台に立ってお客さんの顔もまじまじと見れて…」とファンと直接会える機会は良い経験だったと明かした。

 また、公開も迫り、プロモーションをおこなうなかで、小松は「撮影の日々やギターをやった最初の時などを思い出して。最初から作り上げて、こういう作品ができて、秦さんとあいみょんさんに素敵な曲を提供してくて、素敵な作品になりました」と感無量の様子だった。

記事タグ