TWICEが18日、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催されたファッション&音楽イベント『Rakuten GirlsAward 2019 SPRING/SUMMER』でライブパフォーマンスのトリを務めた。

 TWICEの名前がスクリーンに映し出されると割れんばかりの歓声が轟いた。センターステージに設けられたスクリーンが幕のように上がっていくと、白光を浴びた9つの人影。再び大歓声があがる。

 その歓声を浴び、激しくダンスを披露する。TWICEのサウンドロゴが鳴り、いよいよ始まった。「YES or YES -Japanese ver.-」。ダンスとシンクロするレーザー。まるで光の空間にいるようだった。

 ミナが「ラストの出演、嬉しいです」と喜ぶと、自己紹介とともにメンバーそれぞれが挨拶。ジヒョは「楽しむ準備はできましたか?」と煽れば、モモは「素敵な時間を過ごせたら」と語り掛けた。

 重低音のサウンドに乗るキュートなサウンドロゴ。それだけでも観客の心をときめかせる。「What is Love -Japanese ver.-」。赤く染まるなか妖艶なダンスを披露していく。そして、ランウェイを歩き、先端ステージでパフォーマンス。さらに韓国でリリースされたばかりの「FANCY」と届けた。

 7月にはJAPAN 4th シングル「HAPPY HAPPY」、JAPAN 5th シングル「Breakthrough」を発売する予定。「私たちの第二章の始まり。楽しみにして下さい」と呼びかけ、ランウェイを歩きながら手を振るなどして歓声に応え、ステージを後にした。

TWICE

TWICE

TWICE

TWICE

TWICE

TWICE

TWICE

TWICE

TWICE

TWICE

記事タグ