横浜流星、中尾暢樹、瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原健、小平大智、浅香航大、阿部真央、風間太樹監督が10日、都内でおこなわれた映画『チア男子!!』初日舞台挨拶に登壇した。

 映画は、直木賞作家の朝井リョウ氏が大学在学中に書き上げた同名小説が原作。実在する男子チアチーム「SHOCKERS」をモデルに男子チアリーディングチームの発足から成長を描く。阿部真央は主題歌「君の唄(キミノウタ)」を書き下ろした。

 昨年9月に撮影。ようやく公開初日を迎え、横浜「誰一人かけることなく公開を迎えたのは嬉しい」、中尾「ようやく届けられる」と感慨深げ。瀬戸も「泊まり込みで横になって寝た。一緒にお風呂も入ったし。この映画には青春を味わせてくれた」と明かした。

 その瀬戸、撮影期間中はラップが流行ったことを明かし、横浜が実際に披露して観客を喜ばせた。

横浜流星、中尾暢樹、瀬戸利樹

 岩谷は横浜と高校時代同級生だったことを明かし「クランクイン前から相談にのってもらった」とも。学生時代は空手に勤しんだ横浜は「チアを通して仲間がいることの素晴らしさを感じた」と得たものがあったと述べた。

 横浜によれば、作品はこれまでに何度も実写化が試みられたが頓挫したという。そうした作品がこのメンバーで実現できたことに横浜は胸を張った。

 一方浅香は横浜が怪我してまでも撮影に臨んだことを以下の通りに明かし、その責任感の強さを称え、横浜を抱擁した。

 「彼は責任感が強くて真面目。それをあまり表に出さない。その彼が、焦りと不安、技術面や役柄的にも大きな技に挑戦して、そして主演と。満身創痍のなかでチアを完成させて。だけど撮影前に怪我というアクシデントがあって。一時撮影が中断。流星は悔しさで目に涙を留めている姿は忘れはしません。それでも彼は怪我したパンパンの手をかばって、痛みがあるなかで自分の力でやり切った。本当にかっこよかった」

横浜の健闘を称え抱擁する浅香。その姿に拍手を送る中尾

 そんな言葉に横浜は「自分では言えないから…」とこれまで隠してきたことを明かし、そのうえで「浅香さんの存在はありがたかった」と浅香へ感謝を伝え、「あのときはみんなに迷惑をかけたくないと思って、何としてもみんながやってきたことを無駄にしたくないと。大きなけがじゃなくて良かった。神様に感謝」と当時の心境を告白した。

 この日は阿部も駆けつけ、主題歌を歌った。また、大ヒットスタートを記念してくす玉も割った。

阿部真央

 改めて中尾は「僕の中の青春になった映画。いろんなところで皆と会うと思うけど、青春は何時だったと聞かれた『チア男子!!』と答える」。横浜は「浅香さんの言葉が嬉しすぎて、ずっと心にグサッと来ている。みんなが一生懸命に頑張って頑張って実現不可能だと言われた作品をこのメンバーが実現。胸を張って皆さんにお見せできる。純粋に楽しんで観てほしい」と語った。

阿部真央、小平大智、岩谷翔吾、浅香航大、横浜流星、中尾暢樹、瀬戸利樹、菅原健、風間太樹監督

記事タグ