浜辺美波(18)、福原遥(20)、伊藤万理華(23)が9日、都内でおこなわれた『映画 賭ケグルイ』大ヒット御礼舞台挨拶に登壇した。

 月刊『ガンガンJOKER』(スクウェア・エニックス刊)で連載中の大ヒットコミック『賭ケグルイ』(尚村透氏作画)の原作者・河本ほむら氏が原案・監修を務めた完全オリジナルストーリー。生徒の階級をギャンブルで決める名門校を舞台に活躍するギャンブラー・蛇喰夢子(じゃばみ・ゆめこ)の姿を描く。

 この日は、蛇喰夢子を演じた浜辺美波、映画オリジナルキャストで、実写『賭ケグルイ』に新たな刺激を送り込む歩火樹絵里(あるきび・じゅえり)役の福原遥、犬八十夢(いぬは・ちとむ)役の伊藤万理華が登壇した。

 浜辺から「辛いくらいにスパイスを与えてくれました。激辛ですね。ビリビリしちゃう」と称えられた伊藤と福原。本作出演前からドラマ版を見ていたといい、現場で浜辺演じる夢子の姿を見た時に、福原は「『本物がいる!』って。『賭ケグルイましょう』と目の前で言われたときは感動しました」と目を輝かせた。

 一方、現場で聞くことは叶わず「聞きたかった…」と語った伊藤。“夢子”浜辺との初対面は楽屋だったとし「楽屋に入ったら夢子が眠ていて」と貴重な寝顔を見たことを明かした。これに浜辺は「夢子は夢見がち…」としつつも「申し訳ない」と平謝り。

 「ギャンブルにも毎回挑んでいたので…シーズン1、2とあってスタッフさんも続投しているから落ち着いて寝れちゃう。爆睡できちゃう。夢を見られちゃう感じで…」と語った浜辺も「私も皆がウトウトしていたのを見ていました」と明かした。

 初対面が寝顔だったと明かした伊藤だが「遠目から夢子を見ても、現場の空気感がピリッとして。みんなが集中する空間に出来る」と浜辺の存在感を称えた。

記事タグ