浜辺美波(18)、福原遥(20)、伊藤万理華(23)が9日、都内でおこなわれた『映画 賭ケグルイ』大ヒット御礼舞台挨拶に登壇した。

 月刊『ガンガンJOKER』(スクウェア・エニックス刊)で連載中の大ヒットコミック『賭ケグルイ』(尚村透氏作画)の原作者・河本ほむら氏が原案・監修を務めた完全オリジナルストーリー。生徒の階級をギャンブルで決める名門校を舞台に活躍するギャンブラー・蛇喰夢子(じゃばみ・ゆめこ)の姿を描く。

 この日は、蛇喰夢子を演じた浜辺美波、映画オリジナルキャストで、実写『賭ケグルイ』に新たな刺激を送り込む歩火樹絵里(あるきび・じゅえり)役の福原遥、犬八十夢(いぬは・ちとむ)役の伊藤万理華が登壇した。

 公開後の周囲の反応として、浜辺は「豹変ぶりが怖いと驚かれました」、福原は「友達にもドラマを見ている子もたくさんいて。ドラマも凄いけど、ドラマ以上に皆狂ってたねと」、伊藤は「初日から何通かメールもらって。映画館で観ると迫力が違うね」とそれぞれ笑顔で明かした。

 演じるにあたって意識した点を聞かれた3人。

浜辺美波

 「夢子が何を考えているか私にも分からない」という浜辺は原作では夢子の過去や生活感、考え方が明かされていないことに触れ「そういうものをひた隠して演じました。危うさを感じてほしい」と語った。

福原遥

 樹絵里は「正義感が強く大人でかっこいい女性」と語る福原は「秘めた熱いものもあって。熱意というか、真っ直ぐにぶつかっていく感じをどう表現しようか考えました。ちょっとした表情などは意識して。しっかりした女性なので声を低くしたり、姿勢をビシッとしたり」と明かした。

伊藤万理華

 伊藤は、登場するキャラクターの多くが計算高く裏を持っているのに対し、犬八は「唯一、素直で嘘がつけない。そのなかで純粋に皆を守りたい、倒したいと単純に思っている」とし、演じるに当たっては「意識せず、純粋に必死にやった」と述べた。

 また、福原と伊藤のオリジナルキャラクターについて、浜辺は「辛いくらいにスパイスを与えてくれました。激辛ですね。ビリビリしちゃう」。そんな言葉に2人は「嬉しい」と笑みをこぼし喜んだ。

記事タグ