浜辺美波(18)、福原遥(20)、伊藤万理華(23)が9日、都内でおこなわれた『映画 賭ケグルイ』大ヒット御礼舞台挨拶に登壇した。

 月刊『ガンガンJOKER』(スクウェア・エニックス刊)で連載中の大ヒットコミック『賭ケグルイ』(尚村透氏作画)の原作者・河本ほむら氏が原案・監修を務めた完全オリジナルストーリー。生徒の階級をギャンブルで決める名門校を舞台に活躍するギャンブラー・蛇喰夢子(じゃばみ・ゆめこ)の姿を描く。

 この日は、蛇喰夢子を演じた浜辺美波、映画オリジナルキャストで、実写『賭ケグルイ』に新たな刺激を送り込む歩火樹絵里(あるきび・じゅえり)役の福原遥、犬八十夢(いぬは・ちとむ)役の伊藤万理華が登壇した。

 公開後の周囲の反応として、浜辺は「豹変ぶりが怖いと驚かれました」、福原は「友達にもドラマを見ている子もたくさんいて。ドラマも凄いけど、ドラマ以上に皆狂ってたねと」、伊藤は「初日から何通かメールもらって。映画館で観ると迫力が違うね」とそれぞれ笑顔で明かした。

 同世代のキャストが多く、仲が良かったという。撮影現場では食べ物の話で盛り上がったそうで浜辺は「お昼ご飯の時間がいつなのか、(メニューは)なんなのかという情報交換をやって。このシーンは出ないから偵察してくるねとか」と当時の様子を明かした。

 なかでもテンションが上がった食事として、伊藤は「温かいもの」を挙げ、浜辺は「牛にするか豚にするか、私、鳥ねとかね」とメニューで盛り上がる現場の様子を紹介した。

 また、浜辺が当時小学生、福原が中学生だった頃に共演経験がある2人。この作品で久々に会い、互いに「大きくなったね」と懐かしんだという。そこでも「自炊しているの?」という話で盛り上がったそうだ。

 本作の印象が深いロケ地として挙げたのは『カメラを止めるな!』でも使われた浄水場。真夏の撮影に加え、降雨になると地面がぬかるみ、衣装に泥が付くことも。そうした自然との戦いでも、福原は「ケータリングがあって!」とここでも食事に救われたそうで、浜辺も「美味しかったよね」と表情を緩めていた。

記事タグ