ディズニー/ピクサーの『トイ・ストーリー』シリーズの最新作『トイ・ストーリー4』(7月12日公開)でウッディ役の唐沢寿明とバズ役の所ジョージのコンビはもちろん、シリーズお馴染みのおもちゃたちが登場する日本版本予告とキャラクター大集合ビジュアルが完成した。

 さらに新キャラクターでバイクスタントのおもちゃデューク・カブーンに人気声優・森川智之、ボー・ピープの相棒でシリーズ最小のおもちゃ 婦人警官ギグルに・竹内順子が決定。また、続投が決定している「トイ・ストーリー」ファミリー声優の日下由美(ジェシー役)、三ツ矢雄二(レックス役)、辻萬長&松金よね子(ミスター・ポテトヘッド役&ミセス・ポテトヘッド役)、レジェンドからキャラクターを引き継いだ辻親八さん(スリンキー役)、咲野俊介さん(ハム役)からも“トイ愛”に溢れたコメントが到着した。
 完成した日本版予告では主人公ウッディ(演:唐沢寿明)、バズ・ライトイヤー(演:所ジョージ)、シリーズ2作目以来再登場するボー・ピープ(演:戸田恵子)はもちろん、自分をゴミだと思っている手作りおもちゃフォーキーやふわもふコンビ ダッキー&バニーら既に注目を集めている新しいおもちゃ、さらに元気いっぱいカウガール人形ジェシー、気が弱くておくびょうなティラノサウルスのおもちゃレックス・顔のパーツをつけ替えられるジャガイモ頭のおもちゃポテドヘッド夫妻、胴体部分がバネでできているダックスフントの形をしたおもちゃスリンキー、お腹にお金を貯め込んでいるブタの貯金箱ハムなどシリーズお馴染みのおもちゃたちもたっぷり登場するワクワクの映像。

 フォーキーが逃げ出したことでウッディたちの新たな冒険がはじまり、新しいおもちゃ達との出会いや今は持ち主がいないボー・ピープとの運命的な再会…「ボニーに必要なのは俺じゃない。フォーキーだ」と、おもちゃたちの現在の持ち主ボニーの事を大事に想うウッディに対し「じゃあ貴方に必要なものは?」と問いかけるボー。映像の最後は「子供部屋の外には世界が広がっている。あなたが輝ける場所はここかもしれない」と、ウッディの今後を匂わせるボーの意味深な発言からは、ワクワクのアドベンチャーだけに留まらないドラマティックな結末の予感が─。

 さらに新キャラクターで新しいおもちゃカナダ出身のスタントマン デューク・カブーンは、明るくお調子者のように見えるが、実はかつて持ち主だった子供との過去にトラウマを抱えている…というキャラクターでオリジナル版ではハリウッドの大スター俳優キアヌ・リーヴスが声を担当。『マトリックス』シリーズを始め、数多くの作品でキアヌの吹き替えを担当してきた森川智之は「人気作品「トイ・ストーリー」シリーズに日本版声優として参加できることになり、とても嬉しく光栄に思います。デューク・カブーンは、スタントマンのヒーローのおもちゃで、とても強烈な個性を放っております。早く皆さんに観てもらいたいです!」と喜びのコメント。

 また、シリーズ史上最小でボー・ピープの過去を知る勝ち気な婦人警察官ギグル役で、『NARUTO-ナルト-』のうずまきナルト役や『イナズマイレブン』の円堂守役でも知られる実力派声優 竹内順子は「ギグルはとてもとても小さく、お人形のボーの肩にちょこんと乗っているのが印象的です。小さいのでマスコット的存在なのかと思いきや、ボーとは相棒のような関係です。どうぞ劇場でお楽しみください!」と自身が演じるおもちゃを説明。20年以上も愛され続ける「トイ・ストーリー」ファミリーに超強力な声優陣が加わった。

 もちろん続投が決定しているお馴染みの声優陣からも“トイ愛”に溢れたコメントが到着!レックス役の三ツ矢雄二からの「恐竜なのに、気弱で優しいレックスが大好きです。今回も、ハラハラドキドキしながら、おもちゃの友情と子供たちに対する愛情を感じていただけたらなぁと思います」など、それぞれ長年演じてきたキャラクターへの愛が止まらない熱い想い、そして、永井一郎・大塚周夫という名優からキャラクターのバトンを受け継いだ2人からも熱いコメントが。

 本作でお馴染みのキャラクターたちが一体どんな活躍を見せてくれるのか?そして、その中心となるウッディは物語の結末でどんな決断を下すのか?ピクサーの【過去作を上回る“語るべき物語”がある場合以外は続編を作らない】という信念の基に描かれた、「トイ・ストーリー」史上最大の奇跡が遂に幕を開ける!『トイ・ストーリー4』は7 月12 日(金)全国公開。

森川智之(デューク・カブーン役)※新しいおもちゃ
人気作品「トイ・ストーリー」シリーズに日本版声優として参加できることになり、とても嬉しく光栄に思います。私が担当する役は、スタントマンのヒーローのおもちゃで、名前はデューク・カブーンです。とても強烈な個性を放っております。アフレコも終始笑いの絶えない楽しいものでした。はやく皆さんに観てもらいたいです!是非、劇場でご覧ください。

竹内順子(ギグル役)※新しいおもちゃ
『トイ・ストーリー4』で初登場のマクディンプルズ捜査官、ギグル。とてもとても小さく、お人形のボーの肩にちょこんと乗っているのが印象的です。小さいギグルなのでマスコット的存在なのかと思いきや、ボーとは相棒のような関係です。そこがまた意外性があって可愛らしい。美しくも凛としたボーの相棒として、しっかりと働きます!どうぞ劇場でお楽しみください!」

日下由美(ジェシー役)※続投
おもちゃにも人間にも必ず訪れる出会いと別れ・・・。トイ・ストーリーのおもちゃ達は老いることはないけれど、何度も出会いと別れを経験して、確実にみんな成長している。ジェシーも健気でたくましい。そんな姿に私は励まされています。この映画を観る方にも感動と勇気を早く味わっていただきたいです。

三ツ矢雄二(レックス役)※続投
恐竜なのに、気弱で優しいレックスが大好きです。サイズもおもちゃサイズで可愛いし、甘えっ子っぽいところも気にいっています。事件が起きると、すぐパニックになるところが玉に瑕ですけどね…でもやっぱりかわいい!笑えて泣けるトイ・ストーリーも第4 作目を迎えることになりました。今回も、ハラハラドキドキしながら、おもちゃの友情と子供たちに対する愛情を感じていただけたらなぁと思います。見終わった後、ほっこりとした気分になれるトイ・ストーリー。今回も期待を裏切りません。ぜひご覧になってください。

咲野俊介(ハム役)※本作から担当
愛らしいブタの貯金箱から発せられる、ちょっと毒のある気だるそうな台詞…初めて『トイ・ストーリー』を観たとき、大塚周夫さんの一見意外な配役と、演技の妙に感動しました。皮肉屋だけど小心者、そんなハムの魅力を、私なりに引き継ぐ事が出来ればいいなと思っています。前作の最後でボニーの家に来ることになったおもちゃ達、新作ではただただボニーと楽しく遊んで暮らす毎日の描写に…なるわけありませんよね?大冒険を期待しています!

辻親八さん(スリンキー役)※本作から担当
『トイ・ストーリー』に出演出来るなんてまさに青天の霹靂です。すでに公開されている特報を収録した時に、この作品に出るのだと改めて実感しました。今回シリーズ4 作目になる訳ですが、1 作目から出演されていた方々とはぐれないように、と過去作品で勉強しているうちについ楽しんでしまいました。今回も観た方に楽しんでいただける作品になるようにスリンキー頑張ります。

辻萬長さん(ミスター・ポテトヘッド役)※続投
おもちゃたちの中では一番年上。仲間を好きだからこそ、時に言わなくてもいいようなことを、ボソッと言っては、みんなの顰蹙を買う、一言居士のポテトヘッド。でも、憎めないあの風貌。時として非協力的に見えるけど、みんなへの愛は強く感じる魅力あるおじさん。いいなあ。『トイ・ストーリー4』では、前作同様に、あの愉快な集団が、それぞれの意見を戦わしつつも、最後は一体となって行動し、活躍する時の快感がまたあるといいなあ。

松金よね子さん(ミセス・ポテトヘッド役)※続投
今回も 新しい仲間が加わって、ウッディとおもちゃ達のハラハラ ドキドキの冒険が始まります。どんなときも諦めないこと、信じること、そして精いっぱい生きることの大切さを教えてくれる『トイ・ストーリー4』お楽しみ!ミセス・ポテトヘッドも出ていますよォ。

記事タグ