松平健

 松平健らが8日、都内でおこなわれた映画『武蔵-むさし-』(5月25日公開)完成披露試写会に出席した。

 映画は、時代劇映画『蠢動-しゅんどう-』を手掛けた三上康雄監督の最新作。巌流島の決闘で知られる武蔵を取り巻く人々を、充実に基づくオリジナルストーリーで描いた。オールロケ、リアルな殺陣など「本物の武蔵」にこだわった。

 佐々木小次郎を演じる松平健は「今までの佐々木小次郎とはイメージが違うと思う。私も色んな方が演じた小次郎を見てきましたが、なぜ武蔵と戦わなくてはならなかったか、本作ではっきりとしたと思う」と述べた。

 その後の囲み取材で松平は、武蔵を演じた細田善彦を「野性的で頑張ってくれたと思う」。撮影では、リアルにこだわり、CGや細かいカット割りなどを用いず、模擬刀での殺陣の長回しなどをおこなったともあって「大変だったと思う」と称えた。

 また三上監督から「重要な言葉を託しました」と言われた松平は「私、小次郎は武蔵に切られていません」とニヤリ。含みを持たせた。

武智健二、水野真紀、細田善彦、遠藤久美子、原田龍二、半田健人、中原丈雄、清水紘治、松平健、目黒祐樹、木之元亮

 この日は、武智健二、水野真紀、細田善彦、遠藤久美子、原田龍二、半田健人、中原丈雄、清水紘治、目黒祐樹、木之元亮も出席した。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)