中川翔子が、映画館での「怖い」体験談を8つのツイートに分けて告白。ネット上では中川に対して暴挙に出た人への怒りが相次いだ。

 8日に自身のツイッターを更新した中川。「今日はめっちゃくちゃに、びっくりなほど、理不尽なショックなことが! まさか、運使ってしまったからとかそんなのないよね?! はあ。。びっくりだよ」と驚く体験があったことを明かした。

 続けて中川は「寿命もったいないから理不尽なことなんかさっさと流してしまえ」と綴った後、「映画館って、席がうっすら揺れるときあります?」と呼びかけた。

 そして、「普通に座って映画を観ていたら、うっすら揺れることがあって、地震かな? または近くの劇場で4d的ななにかかな?て思ってたら」と映画館で揺れを感じたといい、その際、自身に起きた出来事を寄せた。

 「上映中に前の席の人が振り向いて、足やめろ! 揺れてんだよ! て、いきなり私ににジュースをかけた。え? て、あまりのことに呆然。まだ上映中だし足を前にぶつけたり一切してない」とし、“揺れ”を感じた様子の前席の人が中川に怒りの矛先を向けたようだ。

 自身は揺らしていないことを綴った中川は「あまりにもびっくりしたけど、上映中だし黙ってそのまま映画みてましたがショックで内容が頭に入らなかった。。終わったらその人たちはサッとすぐに出ていったけど、全く意味不明すぎる出来事」とし、つらい感情を抱いたことを寄せた。

 この報告にファンらからは多くのコメントが寄せられ、中川に同情する声が相次ぐ。「モラルがない」「酷すぎる!」「犯罪なんで警察に通報した方が良いですね」などと怒りをシンクロさせている。

 同時にネット上では、体感型映画上映の「4D上映」で同じ体験をした人たちの書き込みが広がった。

 ツイッターには「4Dでもなんでもないのに小さな地震かと思えるくらいの揺れが起きる映画館があります」「席を蹴られてるというより、震度1か2の地震のような感じがしない?」「地震ともちょっと違う小刻みな揺れだからほんとソワソワしますよね」「4Dシアターに隣接したスクリーンの揺れはひどい」などの声が見られる。

 「4D上映」が併設された映画館の“あるある”にもなっているようだが、そのうえで、「しかし、いきなり怒ってジュースぶっかけるのは少し頭おかしい人」と状況を把握せずに暴挙に出たことへの憤りが広がっている。

 また、中川は「かなしい。ちゃんとお金を払ってマナーを守って映画を観に行ってる人が、満足できる平和な世界になりますように。内容が頭に入ってこなかったから、違う映画館でもう一回みたいと思います。ジュースで足と服がベタベタしてる、泣けてきたわ、、、なんという」などと心痛。

 そして、「悪いことがあったぶんきっとなにかいいことが起きるんだろうと無理矢理思うことにします 人にはジュースをかけてはいけません」と気持ちを切り替えつつ、「すごい怖い」と悲しみを湛えている。

記事タグ