横浜流星、中尾暢樹、瀬戸利樹、岩谷翔吾、菅原健、小平大智、浅香航大が7日、都内でおこなわれた映画『チア男子!!』(5月10日公開)のヒット祈願イベントに出席した。この日は主題歌「君の唄(キミノウタ)」を担当した阿部真央も登場。弾き語りで同曲を熱唱した。

 映画は、直木賞作家の朝井リョウ氏が大学在学中に書き上げた同名小説が原作。実在する男子チアチーム「SHOCKERS」をモデルに男子チアリーディングチームの発足から成長を描く。

 この日登壇したのは「SHOCKERS」のメンバー。それまで断続的に降っていた小雨もキャスト陣の登場と共に止んだ。それでも、横浜は「足元の悪い中来ていただいて有難うございます。短い時間ですが楽しんでください」、中尾は「2階まで大勢の方が来てくれて、雨も降っていますので、気を付けてください」と集まった大勢の女性ファンを気遣った。

 公開を控え「ワクワクしている」という横浜は「身を削りながら全力で作ったので一人でも多くの方に観てほしい」と語れば、中尾も「4カ月かけて作ったので…」と感慨深げ。岩谷はクランクインまでに7人が3カ月練習してきたことを明かし「絆もしっかり深まっているので、スクリーンでも伝わると思う。明日からの活力になれば」。

横浜流星

 瀬戸も「心と体を全力でぶつけた」とし、菅原も「楽しみでしょうがない」、小平は「凄く頑張った」、浅香は「あの時過ごした時間や気持ち、思いに嘘はありません。沢山の方に見てほしい。自信を持って届けられる」と思いを伝えた。

 この日は主題歌を手掛けた阿部も登場。「素晴らしい映画。皆さんがチアするシーンがあるんですけど、皆さんが凄く良い笑顔なんですよ。3カ月みっちり練習しないと出てこない達成感の笑顔だなと。勇気ももらえますし、素晴らしかった」と称え、同曲を熱唱した。

ゲームを引き当てた横浜流星

 その後、ヒットを祈願して「黒ひげ危機一発」に見立てたゲームを8人で実施。黒ひげが飛ぶかわりに、ヒット祈願の銀テープが舞うというもの。ゲームは横浜から始まったものの誰も引き当てず、2巡目。再び横浜がナイフを樽に刺すものの無反応。そのまま後ろを振り返った時に、銀テープが舞った。決めるところで決めたその姿に中尾は「ヒーロー見たい!」。集まったファンも大歓声を挙げた。

 改めて横浜は「本気でチアリーディングに挑戦して、パフォーマンスや一人一人が何かを考えて前に進める姿に勇気や背中を押せると思います。楽しみにしてほしい。それと、阿部さんが素敵な楽曲を作ってくれたので、映画が終わったらすぐに席を立たないで、しっかりエンディングが終わってから映画館を去ってください」とアピールした。

 その後おこなわれた報道陣向けのフォトセッション。客席をバックに撮影に臨んだ横浜ら。横浜が客席を振り返るたびに女性ファンの大歓声。小雨も止み、ゲームを引き当て、女性ファンからの黄色い声援。その姿はまさにヒーローのようだった。

小平大智、岩谷翔吾、浅香航大、阿部真央、横浜流星、中尾暢樹、瀬戸利樹、菅原健

記事タグ