鈴木愛理が5日、千葉ロッテマリーンズ―北海道日本ハムファイターズ戦「J:COMスペシャルデー」(ZOZOマリンスタジアム)で始球式に登板。自己評価は「50点」と厳しめだが、「またチャンスがあったら投げてみたいです」と意欲を示した。

 千葉県出身の鈴木愛理。ジュピターテレコムとジェイコム千葉が冠協賛した「J:COMスペシャルデー」のファーストピッチセレモニーに登板した。人生初となる始球式は、左足を高々と上げる美しい投球フォームを披露。ベース手前でワンバウンドしたものの、まっすぐ捕手に届く投球で試合前の球場を熱く盛り上げた。

鈴木愛理

鈴木愛理

 もともと球技が苦手だったという鈴木。オファーを受けた時は「これは大変だ!」と思ったといい「ゴールデンウィークは始球式のことばかり考えて一生懸命に練習してきました」。結果はワンバウンドしたものの「まっすぐ投げることができて良かったです」と安ど。

 自己採点では「50点くらい!」と厳しめの評価だが、「色々な人の始球式の動画を見てきたので、それに比べるとまだまだだと思っています。ここまでくるとノーバウンドで届かせたいので、またチャンスがあったら投げてみたいです!」と次回の登板に意欲を示した。

鈴木愛理

鈴木愛理

記事タグ