“楽器を持たないパンクバンド”のBiSHが6日、東京以外で初開催となる、アリーナクラスのワンマンライブを9月23日(月・祝)に大阪城ホールで開催することを発表した。

 4月に配信された全新曲ミニアルバム「STiCKS」に続き、5月3日には再びApple Music限定で全新曲ミニアルバム「CARROTS」を配信。5月5日のZepp Osaka Bayside公演より新たに「LiFE is COMEDY TOUR」ツアーセットリストに組み込まれライブ初披露を行ったのに続き、6日、同会場での2日目公演のMCで、大阪出身で「大阪城ホールのステージに立つ」ことを長年夢に見ていたアイナ・ジ・エンドから同ワンマン公演の開催が発表された。

 東京では既に幕張メッセイベントホール、横浜アリーナ、幕張メッセ9~11ホール等のアリーナワンマン公演を次々と成功させてきたBiSHだが、『And yet BiSH moves.』と名付けられた同大阪城ホールワンマン公演は、BiSHにとって初となる地方でのアリーナワンマン公演となっている。

アイナ・ジ・エンド

 7月3日に発売となる約1年半ぶりメジャー3rdアルバム「CARROTS and STiCKS」まで3カ月間続く「#BiSHアメトムチ」プロジェクトも継続中。今年も多くの夏フェス出演も決定するなど勢いは止まらない。

ライブ情報

『And yet BiSH moves.』
■出演:BiSH
■日程:2019年9月23日(月・祝)
■時間:Open 17:00 / Start 18:00
■会場:大阪城ホール

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)