世界的ギタリストMIYAVIが5月4日、Zepp Nagoyaで『Japan Tour 2019 “THE OTHER SIDE”』を開催。先日、7月24日発売のソロアルバム『NO SLEEP TILL TOKYO』が発表され、話題となっている彼、この日の公演で新曲を初パフォーマンスした。

 初日となった場内は熱気に包まれている。新曲の「Stars」でMIYAVIが登場すると、観客の大歓声が場内に響き渡った。続いて、昨年末発売したアルバム『SAMURAI SESSIONS vol.3 - Worlds Collide -』に収録されたKREVA、三浦大知との「Rain Dance」をこの日はソロで披露し、冒頭から会場を大いに沸かせた。

MIYAVI

撮影=Yusuke Okada

 MIYAVIの解き放つ音色に合わせながら、色鮮やかなレーザー光線を多用し、近未来の背景と重なり、MIYAVIの世界観をさらに進化させたライブとなり、会場全体を盛り上げる形となった。

 その後、数曲を披露した後に、アルバム『NO SLEEP TILL TOKYO』に対して「東京に着くまで眠らない。ニューアルバムが完成しました。いつものように難産でしたが、『SAMURAI SESSIONS』というアルバムを通じて、また改めて、自分の声も含めて120%MIYAVIを詰め込んだ、アルバムを制作しました。何を伝えたいのか、何を歌いたいのか、改めて自分に問いただして、結局、日本語のリリックが多くなりました。みんなにたくさん伝わるといいなと思ってます」と語った。

 その後に、アルバム『NO SLEEP TILL TOKYO』に収録される新曲「No Sleep Till Tokyo」「Tears On Fire」「The Other Side」を初パフォーマンスし、観客を魅了させた。

MIYAVI

撮影=Yusuke Okada

 さらに、新曲を演奏後「いつも新しいこと、誰も聴いたことのないサウンドばっかり目指して作品を作ってきたんですけど、今回はみんな喜んでくれるかなと思い、自分も自分の今抱えている事、自分の心の声を作品にしたいと思って作りました」と完成したばかりのアルバムについて多く語っている。

 ライブの最後に、みんなのために作ったという新曲「Under The Same Sky」を披露した。日本語歌詞による、この楽曲により、場内は一体感を感じさせる雰囲気に包まれている。

 アンコール後、3曲を披露した後、最後に「What’s My Name?」を披露し、毎回定番の楽曲となっている、このグルーヴに身を寄せて、場内は大いに盛り上がってライブは幕を閉じた。

MIYAVI

撮影=Yusuke Okada

 さらに、7月24日発売のアルバム『NO SLEEP TILL TOKYO』をひっさげ、北米ツアー日程の第一弾が公開となった。

MIYAVI North America Tour 2019 “NO SLEEP TILL TOKYO”

7/25 - Vancouver | Vogue
7/26 - Seattle | Neptune’s
7/27 - Portland | Crystal Ballroom
7/29 - San Francisco | Slim’s
7/30 - Santa Ana | Observatory
8/13 - Chicago | House of Blues
8/16 - Toronto | Queen Elizabeth Theatre
8/17 - Montreal | Otakuthon Festival
8/19 - New York | Sony Music Hall
8/24 - Atlanta | The Masquerade

MIYAVI

撮影=Yusuke Okada

撮影=Yusuke Okada

MIYAVI

撮影=Yusuke Okada

撮影=Yusuke Okada

撮影=Yusuke Okada

MIYAVI

撮影=Yusuke Okada

撮影=Yusuke Okada

撮影=Yusuke Okada

記事タグ