竜星涼が主演を務め、松井玲奈、恒松祐里、瀬戸利樹、伊藤萌々香、大原優乃、飯窪春菜、小野寺晃良、バンダリ亜砂也らが出演するドラマ『都立水商!~令和~』がMBSでは5日(日曜深夜24時50分~)、TBSでは7日(火曜深夜25時28分~)からスタートする。先日、都内で制作発表会がおこなわれた。

 発行部数250万部を超えた、作家・室積光氏による人気小説『都立水商!』が原作。日本初の水商売専門教育をおこなう「東京都立水商業高等学校」(都立水商)を舞台に描く新感覚・本格学園ドラマ。現代の世相と水商売のシステムを反映させた完全オリジナルストーリーとなる。

 主演を務めるのは竜星涼。都立水商に社会科教師として着任し、生徒が抱える様々なトラブルに巻き込まれていく主人公・石綿直樹を演じる。キャバクラ科教師の乾千花役を演じる松井玲奈。

 社会人一年目、水商売はおろか教師の右も左もわからない石綿直樹が、担任に受け持つことになる3年C組の生徒に、恒松祐里、瀬戸利樹、伊藤萌々香、神尾楓珠、大原優乃、飯窪春菜、小倉優香、小野寺晃良、バンダリ亜砂也が名を揃える。

 昨年12月にモーニング娘。’18を卒業した飯窪春菜。この日は黄色一色の衣装で登場。撮影を通じてキャバクラやホストの現場を見たとして「本当に煌びやかで、ホストクラブはいつか行くかもしれないな」と語った。

 また、恒松祐里は「同世代がいると盛り上がる。先生は兄貴的な存在。支えになったし、お芝居の勉強になった」。伊藤萌々香は、撮影中に写真を撮るなど共演者とは仲が良いことを明かし、大原優乃は、竜星涼が差し入れで駄菓子を持ってくるとし「休憩中は“駄菓子屋”に行って楽しんでます」と述べた。

 この日は現役ホストが登場。シャンパンコールでヒット祈願した。現役ホストの姿を見て「意識が高い!」と感心した飯窪もしっかりコールし、盛り上げていた。

記事タグ